【紐使い】応用形No.1 ロープと棒でハードな構造物を作る「カクシバリ」

「紐使い新章スタート」ということですがNo.2でもちょっとやった「結びの活かし方(応用編)」です。

「カクシバリ」は隠し針、ボーイスカウトに伝わる暗器術の一つで・・・・・・『嘘』です、「角縛り」でモノを90度角に固定することを目的とした縛り方です。

 

「垣根」や、「旗立て」など『(テントなどと比較して)長く立てておきたいもの』を立てる場合によく使われます。

 

【基本の結び+αで「カクシバリ」】

難しい縛りではありません、ねじり結びでスタートを切った後は「コの字」というか「ロの字」というかにヒモを「かけて」行きます。

【角縛り】「ねじり結び」日本の棒にヒモをかけて「ワリ」を入れて「巻き結び」で締める。

【角縛り】「ねじり結び」日本の棒にヒモをかけて「ワリ」を入れて「巻き結び」で締める。

「内側から外側へ」とヒモを並べて行き、3本ほどならんだら「ワリ」を入れます。

【外へ、外へとと並べていく】コの字というかロノ字というか・・・。

【外へ、外へとと並べていく】コの字というかロノ字というか・・・。

「ワリ」とは、昔ボーイスカウトの創始者ベーデン・パウエルが南アフリカで教えを受けたワリ族に学んだ・・・・・・先に進めますね。

 

「ワリ」はこの「ロの字(コの字)」のヒモに「横からヒモをかける」事です。

ちょうど「棒と棒の間」に『割り込ませるように』ヒモをかけ(巻き)『強く引く』事で結び全体を引き締めます。

【ワリ】ここで強く締めると結び目が強くなる。

【ワリ】ここで強く締めると結び目が強くなる。

(初めの写真のように)最後に『巻き結び』でヒモの端をを締めます。

 

【摩擦の強度は高い・・・後は】

「良い結び」は全般的にそうなのですが、「結び目」にかかる力は『分散して、各所に散って』います。

この結びでも「結び自体が崩壊すること」はまあありません。

 

ごらんのように結び自体は、こういう「ツルツルの棒」でもかなりの強度があります。

しかし「カクシバリ」で作った構造物が壊れることは、ままあります。

・・・これはなぜかというと、「棒の強度(固定≒打ち込み)が足りず全体が歪む(崩壊する)」からです。

四角の「構造体」は「ナナメ」の力に弱いので「〼筋交い」を入れましょう。

 

「鎖は一番弱い環で切れる」のです。

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

 

期間限定「インフルエンザ対策ストア」バナー

 

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •