【速報】「今日は比叡山修学院から坂本へ」本日は晴天なれど霞深し

そういうわけで、久しぶりの雪の比叡山!!

修学院ルートに変更アリ

修学院から上がりましたが、結構ルートが修正されていて、キララ坂の特徴だった「V字谷」から「尾根」へと道の付替えがありました(登りはじめの部分だけでなく、その他の部分でも随所変更「アップ」グレードされていました)。

歩きやすくて景色も良い感じになってました!!

細々したルートや写真はYAMAPで!!

山頂(大比叡)あたりは凍ってたりするので、スノースパイク・チェーンなどはお持ちください。

最後は坂本ケーブル(0分30分の一時間二本体制)に乗り遅れてブルーになりましたが、二階のテラスから琵琶湖を眺めたりで結構時間が生きました。

詳しくは後日にでも!!

深い山に入るときは、強度の点であれなんですが、一般用途だとスノースパイク(チェーン)のほうが便利な気がします。

右の「ウォーターメロン・ウォーターシューズ」は防災用に購入しました(寝床などに置いておく用の靴……窓から逃げるとき、あるいは室内でガラスなどが飛散しているときに安心できるように、それでいてあまり大きくない)。

2㎜厚程度のゴムソールがついていますので、ガラスの破片くらいなら歩ける防御力はあると思います(まあこれなら布団・マットレの下にも隠しておけます、ちゃんとした靴を置けるならそちらのほうが良いと思いますけどね)。


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。


  • -

    「サイト運営をご支援ください!!」【登山記録のベストツール】
    360°カメラTHETAでみんなに「山の凄さ」を伝えよう。落下水濡れOKの3年保証も付けられるのでAmazonで僕は結局買っています。