コラム「小さな3トピック:ソレルのスノーブーツのインプレッションと自転車タイヤの状態変化、LANケーブル用のテプラデータ作成」

このところバタバタしていますので「たまったコネタ3つ」を。

 

【ソレルのスノーブーツ インプレッション】

【ソレル】暖かく、バーンでも滑りにくい「吸い付く」ソール。

【ソレル】暖かく、バーンでも滑りにくい「吸い付く」ソール。

確かにこれは「効き」ます、トレッキングシューズでもツルッツルに滑る「アイスバーン」でも吸い付くようなグリップがありますね。

秘密は「ソールの材質」にありそうで、『かなり柔らかいラバー』が使われています。

 

但しこれくらい柔らかい材質だと『持ちは悪そう』です、冬の利用に限るべきでしょうね。

 

【自転車のタイヤの状況変移】

先日紹介した「26インチHE規格のおススメタイヤ」の一部(僕が現行で使っているもの)の写真を撮りましたのであげておきます。

パセラは「割れ」がありますがこれは「より長く使っていること」そして「後輪であること」が原因であるように思います。

【上から時計回りに】「Panasonicパセラ」溝がほぼ消えている「SHUWALBEデュラノ」もともとほとんど溝は無いが高耐久であまり減らない「TIOGAシティスリッカー」溝が深いので溝が消えることは無い、耐久性も高い。

【上から時計回りに】「Panasonicパセラ」溝がほぼ消えている「SHUWALBEデュラノ」もともとほとんど溝は無いが高耐久であまり減らない「TIOGAシティスリッカー」溝が深いので溝が消えることは無い、耐久性も高いように見えるが、次は「後輪」に履かせてみて判断。

溝の違いがわかるでしょうか?

パセラがやや「柔弱」に見えますが、上の「スノーブーツ」と同様、雨天時などの「極限域」ではグリップが良い可能性は高いです(今のところ雨の中で坂を下ったりしていませんので実感はありません)。

 

シュワルベは「マラソン」は現行がありませんので、「デュラノ」ですが・・・参考になりませんね。

 

【ネットワークケーブル識別用テプラ】

1チーム5本、5チーム(アルファ~エコー)のケーブル識別用テプラです。

【ヤマ折】点線をケーブルのだいたい真ん中にあわせて「ヤマ折」にし、接着面を張り合わせてください。写真のように「ケーブルコネクタの下側から貼る」というようにルールをつけると「同じ方向にラベルが立ちます」

【ヤマ折】点線をケーブルのだいたい真ん中にあわせて「ヤマ折」にし、接着面を張り合わせてください。写真のように「ケーブルコネクタの下側から貼る」というようにルールをつけると「同じ方向にラベルが立ちます」

まあ、使いでが有るような・・・気はしますね!!

 

 

 

期間限定「インフルエンザ対策ストア」バナー

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •