THE TOP OF Mt.JAPAN#THETA360

富士山と北岳登ったときにはまだシータが無かったのでとりあえず槍ヶ岳で堪忍や~

■槍ヶ岳(長野県)山頂からの景色360

槍ヶ岳山頂360 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


天下の名峰、ロケーションの良さもあり仲間内でも大人気で「登山者憧れの山」とかいうランキングでもしばしば一位。芥川龍之介も青年期に登り「八畳の山頂」を訪れている。

■樽前山(北海道)山頂付近からの景色360

樽前山 溶岩ドームと 風不死岳、それを越えて望む支笏湖 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


札幌から車でわずか1時間強でたどり着ける支笏湖湖畔の火山、山頂の手前まで来るまでいけるので1時間ほどで山頂付近(溶岩ドームは立ち入り禁止)まで到達できる。国民休暇村支笏湖はなかなか良いリゾートだ。

■稲荷山(京都)山頂付近からの景色360

伏見稲荷山から雪の京都 #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


伏見の中央に存在する「外国人旅行者人気のスポット」伏見稲荷大社のご神体がこの稲荷山で、日本で始めて稲がもたらされたという神話(?)の地、この「四辻」は山頂の「巡回コースの起点終点であると共に様々な方向の登山道の「ハブ」でもある。

 
THETA360公式のギャラリーはこちら
 
THETAの凄さはその「ワンショット」で山の景色を100%伝えられる事。
日々移り変わる山の魅力はそれだけでは伝わりませんが、
「その瞬間」を切り取れる事は、友人の感嘆を得られるだけではなく。
思い出をより鮮やかに蘇らせます。

THETAはSとSCの静止画撮影の性能差はほとんど有りませんのでSCで十分です。

動画撮影昨日はSが優位でストリーミングなども可能です、「しかし」動画は解像度が高くない(360度で1920×1080)ので僕は使いません!!(笑)

 

THETA公式のスペック表

コメントは停止中です。

  •