【速報】2013年からの宿題「大キレット・ジャンダルム写真集」完成

そういうわけで、夏休みの宿題は出来ないタイプの僕ですが、ようやく二年前の宿題が完成したのでご報告します。

写真集「2013大キレット・ジャンダルム」です。

【2013】あれから早2年!!

【2013】あれから早2年!!

写真を見て(ざっくり)ルートを把握したいなら直接写真集を見てください、ちょっと重いけどね。

以下に写真の抜粋とそのルートの(勝手な)解説を少し載せようと思います。

 

【大キレット】

大キレットは「長谷川ピーク」というナイフリッジを含む、国内最大級の「切戸」ルートです。

切戸(キレット)は「△」な山の連なる尾根の「大きく落ち込んだ部分」つまり「尾根の切れ目」を指す「日本語」になります。

 

大キレットは「不帰(かえらず)のキレット」「八峰のキレット」と並んで「日本三大キレット」でおそらくその「筆頭」

【大キレット】体力的にはきつくないが、危険度は高い。たしか「岳」の映画版では大キレットからの「連続滑落」を扱っていたような気がする。

【大キレット】体力的にはきつくないが、危険度は高い。たしか「岳」の映画版では大キレットからの「連続滑落」を扱っていたような気がする。

『南岳から北穂高』の尾根道を指し、「恐竜の背」のような尾根道が「大きくアップダウン」している様子が特徴的、近年力を入れて整備されているので「一般登山道」になっているが、高所恐怖症であれば「通過は不可能」な箇所がいくつもあります。

 

距離は短いですが「落ちれば死ぬ」という説得力抜群の道(岩壁)が続きます。

 

【ジャンダルム】

フランス語の「護衛・憲兵」を意味する語から転じて「登頂を阻む岩」を指します。

しかし実際この「ジャンダルム」は「登る必要はない(迂回可能)」ので言いがかりではないかと思います(ウマノセは登るしかないのであれこそ『ジャンダルム』)。

【長編】賞味の話10時間力の限り歩くのはもうカンベンな!!

【長編】賞味の話10時間力の限り歩くのはもうカンベンな!!

距離は長く(10時間程度)、斜度はきつい、ジャングルジム的な昇り降りもある、唯一の救いは大キレットのような「超高高度感、空中歩行感」が(ウマノセだけしか)無い事ですが、それを救いと呼べるかは・・・写真集をみて判断ください

 

一般登山道ではないので何かあったら「自己責任」!!
(おそらく旅行保険ではカバーされません)

 

【どちらも、たぶん二度と行かない】

いろいろな含みのあるんですが、個人的には「多分二度と行かない」と思います。

 

すばらしい景色と情景はあるので「一度は行ってもいい」と助言しますが、ついで言うとすれば「リスクと印象が強すぎて、僕は二度と自発的には行かない」と言うでしょう。

目をつぶれば今も様々な情景がまぶたの裏に浮かびます(笑)

 

リスクについてですが、ある意味では「バリエーションルート(自力でクイを打ってロープを張るようなルート)」よりも高いというのもあります。

超有名ルートだけに「様々なレベルの人」が「狭隘なルート」に混在してしまい『人為落石で大ケガ』というのも時折起こっているようです(「過密から得るものなし」とは都市計画の言葉ですがこの場合も真理です)。

 

「次に行きたい人にルートを譲る」という意味もあって「自発的には二度と行かない(まああるレベルの人に付き合って行く事はあるかもしれません)」ルートです。

 

通行をする場合は何よりも「周囲の人」に気を配ってください。

ルートファインド(というレベルではありませんが)をミスして「道じゃない上のほう(下のほう)」を歩いている人がいたらそこは「待つ」べきです。

落石はしても、されても「致命的」だからです。

 

でも、そうですね一度行くことは良い経験になると思います(以下は当時の記事3~4部構成です……大キレット / ジャンダルム)。

 

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •