コラム「食卓を活性させた赤いココット『イシガキ ボン・ボネール26cm』」

そういうわけで、食器の切り替えを始めています。

【ボン・ボネール】26cm 魚も入れれる横長ココット、降って沸いた動機で購入。

【ボン・ボネール】26cm 魚も入れれる横長ココット、降って沸いた動機で購入。

我が家では食洗機を活用する都合から「居酒屋調」の『同型小皿大量購入』という戦略をとっていますが、やはり徐々に損失していってしまうので一定数を超えると、同型の小皿あるいは「過去の食器(そのカテゴリ)」を処分して全数(定数15)を買い換えるという事をしています。

・・・で、今日の話はそれとは関係なく「そろそろ買い替えだな・・・」と食器類を眺めていたら鍋を買い換えたという話です。

 

【美しさ、強靭さ、そして明るさ】

【美しい大型鍋】この美しさで手と心が動くようです。

【美しい大型鍋】この美しさで手と心が動くようです。

「やはり鍋は大型肉厚に限る」とは言いませんが、一つはそういう鍋を持つと食生活が変わります。

難しいレシピは言いません、単純にこの鍋にハシで取れる大きさに切った野菜にオリーブオイルをかけて「ざっくり」とかき回します。

【温野菜】すいません、まだ若いので一番上には豚肉を載せてあります。

【温野菜】すいません、まだ若いので一番上には豚肉を載せてあります。

あとは水か日本酒を少々入れて「ごく弱火で」30分ほど放置するだけで素晴らしい温野菜ができます。

最後に塩を振りかけて、テーブルの真ん中へとこのココットを持って行きましょう。

 

素晴らしい「食卓」の完成です!!

 

【美しさが提供する価値】

本来は「ダッチオーブンの代わりにもなるんじゃないのか?」などのヨコシマな思惑で選んだ部分もあるのですが(まだ試してはいません、上に張られているホーローの耐熱力次第ですが・・・調べてOKならそのうちやってみると思います)、やはりこういう美しい鍋があると心と手が動きますね。

【温野菜トマト煮込み風】最後の10分で缶詰のトマトピューレを賭けまわして暖めた。上に載っているのはトウミョウ最後の載せましょう。

【温野菜トマト煮込み風】最後の10分で缶詰のトマトピューレを賭けまわして暖めた。上に載っているのはトウミョウ最後の載せましょう。

レシピなんてたくさん必要ないでしょう、基本は上の「温野菜(『冬は鍋』というのと同じです)」とろ火での火の入れ方を覚えたら他の食材でもやって見ましょう。

 

料理を上手く行かせるツールとして、そして北大路路山人の言うところの「料理の着物」として一人二役で活躍するココットはオススメです。

 
 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

 

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •