コラム「BAA・SBAA・SBAA PLUS」自転車協会の認定制度がスタート「人もモノもサポート‼︎」

BAAマークは最近結構見かけるようになりましたよね?

【BAA認証】「普通の安全基準」を目指している、ペダルを85kgで踏んだ場合の5000回の負荷試験などはJISと同じ。

【BAA認証】「普通の安全基準」を目指している、ペダルを85kgで踏んだ場合の5000回の負荷試験などはJISと同じ。

【普通の安全性を担保するBAA認証】

JISと同等の安全基準で、「一般の自転車(軽快車)」の『標準的な性能』を認定する物です。

JISとは違いブレーキパッドなどの部品も単体での基準も設けられており、それをクリアした部品にもこのマークをつけることができます。

 

こういうマークがでてくるのは、Amazonなどを経由して「安価で粗雑な自転車」が現れたためでしょう。

確かに個人事業主が輸入している自転車には「かなり危険な」モノもあり『よくわからないけど自転車は自転車だろう』と思って乗っていると・・・・・・例えばながーい坂を高速で降りて行ったりすると・・・・・・大ケガをする可能性もあります。

 

【ヨーロッパ基準に準拠のSBAA】

【SBAA認証】スポーツサイクルの認定、ペダルには110kgでの負荷試験を行う。

【SBAA認証】スポーツサイクルの認定、ペダルには110kgでの負荷試験を行う。

スポーツBAAはスポーツ車向けの規格です。

ヨーロッパ規格(EN)に準拠しています。

・・・がブレーキの制動力試験の要項などは「JIS規格より厳しくした」と一言なのはどうなのでしょう?

 

まあ「国際規格に準拠してるんだから(新ISO4210(PDF)に統合)そっちを調べてよ」って事かもしれませんが情報提供サイトなんですからもう少し「すごい!」という事を書いても良いのではないでしょうか?

【ISO4210】海外では結構「EN」との統合についてのリリースがでている。

【ISO4210】海外では結構「EN」との統合についてのリリースがでている。

 

【SBBA PLUSはショップの認証】

【試験】自転車についての基本的な知識をチェックしている。確かに変速機などは微妙に変化していくのでキャッチアップも大変。

【試験】自転車についての基本的な知識をチェックしている。

SBBAは「エンジニア向けの資格」です、認証マークはショップに与えらそうですね。

 

多種多様な変速機や、「電気式」「油圧方式」のシステムが増えてくるとこういう資格の有る無しも重要になってくるでしょう。

 
 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •