水貼りカンタン「日光を跳ね返す断熱」マジックミラーシート

そういうわけで、太陽の力あふれるシーズンがやってきました!!

インド人もアフリカ人もビックリの日本の夏です!!

そういうわけで部屋の気温を下げる様々な工夫がありますが、今回は「それなりに外が見えて、涼しくなる」というマジックミラーシートを購入してみました。

【光のエネルギーは跳ね返せ】

理屈は簡単ですね「鏡で光を反射して集めたら火が着く」のですから、「鏡で光を反射すればエネルギーは跳ね返される」ということです、温暖化対策で「屋根をすべて白く塗る」という対策も考えられているほどです。

はい、貼るのはこんな感じで霧吹きでたっぷりと水をつけてシートを張り付ければOKです。

カットは大切です、正確にカットしないとキレイにするのは無理です。

貼り付けも「丁寧に」空気を綺麗に抜くことが大切ですが、この場所は家具などがあり貼りずらいのでこんな感じにガタガタになりました、「水をたっぷりつけて」いるとシートは動くので「付属してきたヘラで丁寧に」空気を抜けば綺麗に張り付くようです。

ちなみに空気を抜く時に丁寧にやらないとシートに「への字」のシワができて何をしても戻らなくなります、綺麗な方が良い人はお気を付けを!!

(ちなみに国産なりの厚めのシートならもっと貼りやすくシワになりにくいそうです)

【窓用のサングラス】

上の写真は同じ窓を、内と外から写真を撮ったものです、右の景色は鏡に映ったものです。

マジックミラーは言えば「窓用のサングラス(ミラーシェード)」ですスキー場なんかだと建物のガラスが銀色に見えるのに中からは景色が見えるのはマジックミラーシートで処理をしているからですね。

透過率は20%程度、逆に言えば80%は入ってこないのですから効果は十分でしょう(上の画像を見てもらえればわかるように日差しがあれば景色は見えます)。

ちなみに「複層ガラス」「ペアガラス」にシートを張ると「熱割れする」という説もありますが、ガラス屋さんによっては「そんなことはめったにおこらないし、そもそもガラスは何もしなくても割れる時は割れる(メーカーは割れない保証はしない)」とも話されていますので僕は気にしません(経年劣化していなければまず起こらないとのことです)。

ただし、「曇りガラス」などだとただでさえ光のエネルギーを吸収しやすいのに、さらに反射された光エネルギーを吸収するのでリスクはある程度高いかな?とは思います。

…まあ、どこまでキレイにやれる(貼り付けできる)かはその人の気持ち次第ですが、僕自身は満足です。


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •