【速報】「SOMA RUN」を使えば「LAD WEATHER」のGPSログをMACでも扱える事が判明

【心拍センサー・GPS付き】LAD-006

【心拍センサー・GPS付き】LAD-006

そういうわけでログ管理ソフトが「非対応」だったのでMACでは使えない感じだった「LAD WEATHER LAD006」ですが。

 

SOMA RUNというソフトと組み合わせるとMACでも「ログは見れる」という事が確認できました。

【途中で心臓止まった】といううわさのログ

【途中で心臓止まった】といううわさのログ

 

【制限事項】

・当然保証やサポートは一切ありません。

・心拍については表示できないようです

(ただしログがなくなっているわけではないので、上の写真のようにWindowsにファイルを移せば見えます)

 

【ざっくりした使い方】

1)MACでSOMA RUNをインストール

2)時計を接続して「データ転送」(原則自動)

3)取ったログを「エクスポート」

→単にルートラボに上げるだけなら、エクスポートで形式をGPXなどにして、ルートラボにインポートすればOK

【ルートラボ】みんなと共有するだけなら特にWindowsを噛ませる必要はない。他のGPSログ管理系のWEBサービスでもほぼ同じはず。

【ルートラボ】みんなと共有するだけなら特にWindowsを噛ませる必要はない。他のGPSログ管理系のWEBサービスでもほぼ同じはず。

4)エクスポートしたデータをウィンドウズへ

5)GPX MASTERでインポート

(結果が上の写真、心拍などをチャートに表示する場合は右下の「チャート」ボタンをクリック)

 

【GPS機能はLAD-006のみ】

GPS(+心拍センサー)は左端のLAD006のみで、残りのLAD002(004)にはありません(最後はバッテリー、USBポート2ポートを持つ汎用高容量(iPhone5 /3回強充電)バッテリーも必須です)。

 

GPSは持っている、スマートフォンのを使う、読図の助けとしての『高度計』だけでいいやという人はこのシリーズならLAD002-004か、カシオのスタンダード SPORTSGEARとかで十分でしょう。

 

携帯のGPSでログを取るのはiPhoneだと結構電池を喰いますから(※1)、この時計や「GPSロガー」などを使うのも一つの考え方です。

 

※1「iPhoneだと結構電池を喰います」Andoroidは「航空モード」でかなり省電力が効く(アンテナなどは探しにいかない)のですが、iPhoneは仕様上「航空モード」だと「GPSの信号」さえ拾ってくれなくなってしまいます。

かといえ、「データ通信」を切っただけだと、「キャリア(ドコモ等の)アンテナ」は探しに行くので省電力はあまり効きません、SIMを抜けば良いのですが、細かなマイクロSIMを抜いたり挿したりするのは野外ではかなりの『厄介事』でしょう。

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •