【2014年1月寒波襲来】雪の比叡山 「ここ数年雪がすごいけど今年は記録的状況」

『ルート・歩行記録』

昨日回ったルート『八瀬→頂上付近(人工スキー場)→修学院離宮』は「100%積雪」の状況だった。さすがに『トレッキングシューズ』や『長靴』など『ぬれない靴』が必須の状況。

 
下りでは一部凍結もあったので、『アイゼン』か『簡易スパイク』などが必要でしょう(最後で具体的な製品を紹介してあります)。

 

『八瀬→地蔵』

この段階で完璧に積雪、ただ地上(線路)の雪は帰りにはキレイに溶けていた。

八瀬側は『北側斜面』になるので、地面まで凍りついている印象、残雪も多くなるでしょう。

八瀬側は『北側斜面』になるので、地面まで凍りついている印象、残雪も多くなるでしょう。

 

『地蔵→頂上付近へ』

雪のせいもあって疲労は色濃い(雪やアイスバーンで歩くときは、一歩一歩に力をこめるので普通の倍ほど疲れる)が2時間ほどで頂上付近に到達。

杉の林を越えて、見通しの良い峠へ

杉の林を越えて、見通しの良い峠へ

 

『山頂は吹雪』

山頂付近は13時前の段階で、しっかり吹雪いていました。

やはりこの時期の比叡山は超初心者的にはおススメできない感じです!!

山頂付近では吹雪き、『人工スキー場後』もしっかり「雪の中」に埋もれていました。

山頂付近では吹雪、『人工スキー場後』もしっかり「雪の中」に埋もれていました。

 

『山頂より修学院へ』

修学院側の下山ルート、新ルートの「らくちんルート」に入った(下山時は『有刺鉄線』の横を歩き始めてスグのところを左に入る)、普通のルートの真横を歩く木々の間をすり抜ける『尾根道』。

南側斜面になる「修学院側」も今日はしっかりと雪の中でした。ただこちらは7合目以下は地面が凍ってはなさそうだったので、スグに溶けてなくなってしまいそうではあります。

南側斜面になる「修学院側」も今日はしっかりと雪の中でした。ただこちらは7合目以下は地面が凍ってはなさそうだったので、スグに溶けてなくなってしまいそうではあります。

 

下りは、『一部の凍結』や、『落ち葉+雪』がミックスしている場所などがよく滑るので注意しましょう。

雪だとか、いつもと違う状況は『面白い』んですが、やはりそれなりに装備して、余力がないと危険です、経験を積んでからにしましょう。

 

また昨日は「雪降りたて」でパウダースノーが非常に歩きやすかったのですが明日以降はアイスバーンも増えますからより滑りやすい状態になってきます・・・・・・ご注意を!!

 

『アイゼン・簡易スパイクの紹介』

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •