コラム「『かばんのホネ』は生活の細かいロスを防いで『安定』をくれるアイデア商品」

そういうわけで先日購入した「かばんのホネ(BAG BONE)」がなかなかよい商品でしたのでご紹介します。
僕はNewFEELの「バッケンジャー」に組み込んでみました!!

 

 【かばんが「自立する」後付けフレーム】

【自分で組み立て】補助板などもキットにあるのでカバンに合わせて組む事も出来る。

【自分で組み立て】補助板などもキットにあるのでカバンに合わせて組む事も出来る。

「ちょっとカバンを置きたい時」カバンが「立つか?立たないか?」でかなり快適度が変わってきます。

『設置スペース』も少なくて済みますし、『中身の閲覧性』『取り出し効率』もかなり変わってきます。

 

この商品は「カバン状のもの」ほぼ全てに対応する「後付けフレーム」になります。

ちょうど「山岳テント(ケシュア)」と同様『内側のフレームの弾力で形が出来る』仕組みです。

【カバンの中に差し込むだけ】フレームで「輪」を作って内側に「はめ込み」ます。

【カバンの中に差し込むだけ】フレームで「輪」を作って内側に「はめ込み」ます。

僕は説明書どおりに「0型」ではなく「凹型」にはめ込んであります(ちなみにマニュアルは「英語対応」で輸出にも意欲的な商品です)。

こうすることで「踏ん張って欲しいほうはより強く」なり「内側のポケットもスペースが死なず」に使えています(偶然出来た「スロット」にも持ち物を差し込んでいます)。

 

かなり柔軟な「かたちづくり」が可能なので他にも何か考えられるかもしれません。

 

【安定した構造になる】

【自立】ナナメにはなっていますが「バシ」っと立っていて揺らぎません(肩ヒモを載せても大丈夫!!)

【自立】ナナメにはなっていますが「バシ」っと立っていて揺らぎません(肩ヒモを載せても大丈夫!!)

僕のカバンは底面がナナメ(リュックにもなるので)ですから「どうしてもナナメ」になるのですが、かなり「バシッ」っと立ちます。

今デスクの上でも席の隣に立っています。

 

元々が「置ける」カバン(底面が平ら)なら「もっとしっかり」立つでしょう。

探し物をするとき、いざというときにはこういう「細かい障害」がアシを引っ張るものです。

・・・少なくとも僕はこれで「非常に豊かな(安定した)」気持ちになりました!!

Amazonでは「トートにつけると最高!!」という女性の声も多数。テントは「自立方式」に類似点が見られるテント(ケシュア)ですw

 

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •