【20K自転車+超初心者登山】ご自慢の『保護ハット』を改良中【2014年版】

ハットは優れた機能を持つアウトドアウェアです、日差しを360度避け、雨を防ぎます。

ハットは何を使っても良いのですが、私は100均のレースハットを使い(麦ワラ帽のように涼しい)、それに防御力をプラスする『保護フレーム』を入れるという工夫をしています。

 

今年は、それをさらに改善して『保護帽2014』にアップデートをしています。

Dif_HAT

 

【2014年版改善点】

ポイントは「あごヒモをつける」そして「チロルテープを巻く」という「機能と外見」にフォーカスしたものです。

 

ベースにした100均ハットは黒だけではなく「ナチュラル」や「オリーブグリーン」もあります。

【100均】他には「カウボーイハット」もある、シルエットはそちらのほうが美しい。

【100均】他には「カウボーイハット」もある、シルエットはそちらのほうが美しい。


中折れ帽は風にも強いのでその点でも自転車向きです。

 

【あごヒモの取り付け】

2014-06-05 11.16.21

ヘルメット用のあごヒモを取り付けしました。
ヘルメットのあごヒモは「滑落を想定した場合」必須とされます。

 

自転車では(転倒時)頭が大きく振られますので、これは『滑落』と同等だろうと想定をし直しました。

夏用のレースのハットは大丈夫でしたが、冬用のg.u.のハットは「重い」ため不安がありましたから。

 

ちなみに、工事現場などで保護帽・ヘルメットを使うときは「落下物を想定した場合」あごヒモはつけないのが普通です、これは野球のヘルメット同様「ヘルメットが跳ぶ」ことで衝撃を『逃がす』ためです。

まあ、状況によってはあごヒモはつけない(締めない)ほうが良い事もあるってことですね。

 

 

【チロルテープを巻く】

これは『遊び』ですが、チロルテープを巻きました。

2014-06-05 11.15.12

上の写真を見ても、なかなか夏っぽくて爽快でしょう?

取り付けは「木工用ボンド」でスバヤク終わらせました!!

 

チロルテープはユザワヤなんかでも安く入ります。

100均のハットに500円のチロルテープと1000円近い保護帽のセットを組み込むことになりますが、今のところこれが『夏』には最高の装備です。

 
 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •