「Stay at Home」青空文庫で今役立つ本を、物理学者・寺田寅彦の災害への考察も「Kindleで無料」

そういうわけで、電子書籍無料のご紹介です(スペイン風邪も無償提供中)。

と、いっても難しいことではなく「 Amazon(Kindleアプリ)」で読める「青空文庫(著作権フリーの無料文庫)」がリリースされていますので、「これを読もう」というお誘いです。

おすすめは「美味しんぼ」でおなじみの北大路魯山人先生ももちろんなのですが、今の時分ですから明治の物理学者にして随筆家「寺田寅彦」先生はいかがでしょうか?(今でいえば武田邦彦先生ですね、寅彦先生もエピキュリアンですし)

【正当に怖がる、天災は忘れた頃にやってくる】

ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつかしいことだと思われた。

Amazon Kindle 青空文庫「小爆発二件」https://amzn.to/2VwxLgr

わが国の地震学者や気象学者は従来かかる国難を予想してしばしば当局と国民とに警告を与えたはずであるが、当局は目前の政務に追われ、国民はその日の生活にせわしくて、そうした忠言に耳をかす暇がなかったように見える。誠に遺憾なことである。(天災は忘れた頃にやってくる、のベースになったとされる随筆)

Amazon Kindle 青空文庫「天災と国防」https://amzn.to/2Y3weQy

こんなに度々繰返される自然現象ならば、当該地方の住民は、とうの昔に何かしら相当な対策を考えてこれに備え、災害を未然に防ぐことが出来ていてもよさそうに思われる。これは、この際誰しもそう思うことであろうが、それが実際はなかなかそうならないというのがこの人間界の人間的自然現象であるように見える。(同上)

Amazon Kindle 青空文庫「津波と人間」https://amzn.to/2Ku4MDN

もちろんその他にも、面白い本がたくさんあります。

【歴史的な名著もフリーで】

坂本龍馬の手による「坂本竜馬手記 イロハ丸航海日記」(幕府に対して「国際法」をタテに7万両の賠償を求めたおりの提出資料、文語で読めない)や鴎外の「ヰタ・セクスアリス」、新渡戸稲造の「教育の目的」「平民道」など「おお、あの人!!」という本がラインナップされています。

加藤文太郎の「単独行」などの山行記、そして歴史物坂口安吾の「二流の人」同じく黒田如水を扱った吉川英治の「黒田如水」など過去の名作もリリースされています。

今の折に普段はできないインプットを増やしてみてはいかがでしょうか?

「青空文庫(著作権フリーの無料文庫)」Amazon

「青空文庫」公式サイト


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •