• 【Google広告】

コラム「ハンドル付きトレーニング・チューブ」を買ってみた。

そういうわけで、冬のトレーニング環境を向上するためにチューブを買ってみました〜。

ハンドルありのほうがトレーニングしやすそうだったのでハンドルアリにしました。

アマゾンではたくさん種類がありますがこのハンドル付きチューブが「1)最大負荷のチューブが50LBSとざっと確認したなかでは最強クラス」 「2)価格は2000円弱と最安クラス」とバランスが良かったので決めました。

 

【切れなさそうな高品質なチューブ】

僕はトレーニングの専門家では無いのでメニューとかについてはそれ系のサイトを見てください。

【ハンドル+チューブ】

とりあえずスクワットの負荷トレーニング使ってみました。
スクワットなので負荷を高めるためハンドルに2本のチューブ(50+40LBS=約40kg)をかけてスクワットをすると結構な負担がかけられます。

ゴムチューブということで「切れると怖い」という(なんとない)不安があったのですがチューブを見るととても切れそうにない出来ですね。

ゴムの固定部分も「結び目」とかではなくかなり広い範囲に負荷を分散させるよく考えられた「エンド」になっています。

【ハンドル以外のオプションも】

右上の留め具は「ドアオプション」でドアの隙間にゴムを出して挟むことで上からチューブをだして「引き下げる」動きのトレーニングにも使えるというものです(これはとりあえず使っていません)。

右下は足のバンドですが部屋が狭いので使えません(笑)

 

40kgのダンベルを家に置いておくことを考えれば「ナップサック一袋」サイズで「80kg」の負荷を作れるツールというのは「場所のコスト的にも」ありなのではないでしょうか?

追加でハンドルだけを買って、「軽い負荷チューブ」でワンセット作って他の人にあげようかなぁと画策中です。「置いてるだけ」だともったいないもんね。

【基礎的なトレーニング動画】

販売元の「基礎トレーニング(使い方)」動画がありましたのでご紹介します、11分で大まかな使い方が把握できるので良いのではないでしょうか?


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •