【好焼色】南部鉄器の「グリル用ベイクパン」を使ってみた【片面グリルでも何とかOK】

先日購入した「鋳物のグリル用ベイクパン」が到着したので早速使ってみました。

【好い焼き色】でも今回は「肉が厚すぎ」で蓋がもち上がってしまいました。

【好い焼き色】でも今回は「肉が厚すぎ」で蓋が持ち上がってしまいました。

「グリル用」となっているのは「魚焼きグリル」で使えるからです。
基本的には「両面焼きグリル」が望ましいようですが今回は「片面用水敷きグリル」で使ってみました。

【片面、水敷きグリル】

「両面グリル」が推奨されている商品ですが「火にかけて」下面を加熱していたらOKです。

【余熱】暖めてオリーブオイルを入れておきました。

【余熱】暖めてオリーブオイルを入れておきました。

もう一つ問題だったのが「水を入れたときの上げ底の網」を使うと「引っかかってコンロに入らない」事でした。

 

これについては「水を引くのは魚を焼いていて油がたまって火がつくのを防ぐために水が必要なだけらしい」という情報を得たので「水を引かずに棚の上に直にパンを置いて」みて特に問題ありませんでした。

コンロの下も特に異常な過熱感はありませんでしたから今後もこれで行こうと思います。

 

【調理とボリューム感】

【材料を切って放り込め】今回豚肉はおよそ500g、ジャガイモ+デストロイヤー(芋)中を各1個、トマト1個、ゴーヤ少々

【材料を切って放り込め】今回豚肉はおよそ500g、ジャガイモ+デストロイヤー(芋)中を各1個、トマト1個、ゴーヤ少々

材料は写真の量でほぼ満タンでした。

【こんな感じ】愉快で夏色のボックス

【こんな感じ】愉快で夏色のボックス

上からもオリーブオイルを少々ふりかけ、蓋を閉めたらグリルへと移しました。

専用の「着脱取っ手」は非常に安定感があり手の力さえ十分ならグラつきはありません。

【重厚精緻】この専用取っ手は上手く「ベイクパン」の取っ手に組み合わさって「がっちり」キマル!!

【重厚精緻】この専用取っ手は上手く「ベイクパン」の取っ手に組み合わさって「がっちり」キマル!!

 

調理も「時間を見ておくだけ」なので簡単で、何よりも調理後の「色味」が非常に美しい一皿にもなります。

うん、かなり良いんじゃないでしょうか!

【コントラスト】季節の野菜と肉の焼き色

【コントラスト】季節の野菜と肉の焼き色

南部鉄器「グリル用ベイクパン」へのリンクはこちら。

 
 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •