【報告】『オーレン小屋→硫黄岳周遊』は美しく快適で無理のない好ルート【北八ヶ岳:1日目】

北八ヶ岳の蓼科側(桜平)から『オーレン小屋』に向かい周辺ルートを歩くコースの広がりがあり、設備も綺麗で超初心者にもおススメできます。

近辺には温泉付きの宿も多く、反対側に降りれば「本沢温泉」すこし縦走すれば今回私たちが泊まった「渋温泉(渋御殿湯)」、前回泊まった「稲子湯」など温泉場にも事欠きません(渋温泉稲子湯はバスも来ます)。

 

硫黄岳は『爆裂火口』という珍しい火口を持っていて、それ自体の「勇壮さ」もさることながら、景色も広がる美しい場所です。

IMG_8598.JPG

登山報告としては、「1日目」の報告になります。

 

【アクセス】

スタート地点の桜平には無料の駐車場があります。

ただし途中から林道を走ることになりますので、注意が必要です。

【桜平】この日はお盆で駐車場はパンクしていたため、近隣の路肩に止めた。

【桜平】この日はお盆で駐車場はパンクしていたため、近隣の路肩に止めた。

公共交通機関を使う場合は、茅野駅(中央線)から桜平まではタクシーで約50分ほど、約7,000円となります。

 

【地図と今回のルート】

・北八ヶ岳地図(B4 PDF)

 

 

【桜平からオーレン小屋】

【美しい森の道】オーレン小屋近辺の道はほとんどがこういう感じでした。

【美しい森の道】オーレン小屋近辺の道はほとんどがこういう感じでした。

2時間弱のルートで、林道を1時間、美しい緩やかな道を1時間ほど歩くとオーレン小屋にたどり着きます(間に「夏沢鉱泉」という温泉宿がありますが、ここはスルーで)。

【オーレン小屋】小さな沢沿いのロケーション

【オーレン小屋】小さな沢沿いのロケーション

雰囲気のある小屋ですが、それだけでなくトイレも綺麗(水洗)です。

【談話室】なかなか絵になる場所の多い小屋です。

【談話室】なかなか絵になる場所の多い小屋です。

 

【オーレン小屋から硫黄岳へ】

【高度はあがるが】森の中を緩やかに上がっていくルート、ゆっくり進めば誰でもいけるはずだ。

【高度はあがるが】森の中を緩やかに上がっていくルート、ゆっくり進めば誰でもいけるはずだ。

今回はまず、夏沢峠まで上がりました。

時間は3~40分で夏沢峠に、小屋がありむささびが住み着く不思議な小屋です。

コーヒーなども提供されます。

【風力発電】プロペラが林立している様子も面白い。

【風力発電】プロペラが林立している様子も面白い。遠くに見えるのは硫黄岳

夏沢峠から、まっすぐ硫黄岳へと向かう道があるので進んでいきましょう。

はじめは森の中ですが、程なく「森林限界」を超えて、「高山の風景」へと入っていきます。

【山々の世界】山を眼下に歩きます。

【山々の世界】山を眼下に歩きます。

ここは急な場所もありますが、1時間ほどで頂上まで到達します。

【頂上付近】前方の緑の「崖」は爆裂火口の「縁(へり)」、道は縁ぞいにまっすぐに頂上へと向かう。

【頂上付近】前方の緑の「崖」は爆裂火口の「縁(へり)」、道は縁ぞいにまっすぐに頂上へと向かう。

 

【頂上からオーレン小屋へ】

頂上の景色は、自力で楽しんでいただきたいのですが、昨日のパノラマ写真のように、爆裂火口とその先に見える景色は圧巻です。

IMG_8598.JPG

頂上はかなり広くなっていて野球くらいはできそうです、さらに「爆裂火口の反対のハシ」までの道もあります(今回のルート案内でオーレン小屋←→硫黄岳のループから「ひょろり」と突き出しているのがその道です)。

【岩場】山頂から逆へ降りる部分は5分ほどの岩場がある。

【岩場】山頂から逆へ降りる部分は5分ほどの岩場がある。

頂上から岩場、尾根道へと降りていきます。

しばらく歩くと看板があり、それを右に曲がればオーレン小屋です。

これは1時間30分ほどかかります。

【ハイ松林】斜度は結構きつい。

【ハイ松林】斜度は結構きつい。

しばらくすれば、またオーレン小屋が見えてきますのでそれでゴール!!ということになります。

【桜のすき焼き】馬肉のすき焼きがオーレン小屋の名物

【桜のすき焼き】馬肉のすき焼きがオーレン小屋の名物

一番下から合算しても7時間ほどの行動時間になります。

「長い!!」と思われると思いますが、街の中と違い(僕も町で2時間は歩けません)涼しい高地の美しいルートであれば十分に楽しめます。

 

【1泊2日のルートとして考えると?】

1泊2日のルートとして考えるなら、オーレン小屋まで歩いて1日終え、2日目に硫黄岳を目指して下山すればよいでしょう。

2日目の硫黄岳登山は、僕たちが2日目に歩く「根石岳へのルート(オーレン小屋から山のほうを向くと左の道)」を通り根石岳小屋から夏沢峠、硫黄岳、オーレン小屋、下山としても面白いでしょう。

 

日程があれば下山せずオーレン小屋に二泊すると2日目の食事は「しゃぶしゃぶ」になるということです、もしもいい写真がとれたらぜひ提供ください!!

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •