【登山報告】音羽山=醍醐寺縦走花見登山1/2【大谷より音羽山】

OK_1st_osakaciity_vote

 

先週の花見登山 山科の【音羽山=醍醐寺】を歩く、琵琶湖が望める眺望の良いコースの案内と報告になります。まずは【超初心者向け】の「音羽山」までのルートを!!

 

【ルート地図】


 

音羽山までは「超初心者登山ルート」・・・・・・だったんですが、今回見てもらうとおり「登り口階段崩落」のため、「簡単にはいかず」という状態になっています。

【迂回ルート】登り口の階段がある逢坂(京阪大谷駅)から、この陸橋に向かって、『右手の住宅の裏手の道から登山道への迂回路があり』という情報を発見しました。

大谷駅から登山道へいたるルート(元ルート、今回、ネットで示されている迂回路)

大谷駅から登山道へいたるルート(元ルート、今回、ネットで示されている迂回路)

【大谷駅から音羽山へ】

大谷駅は山間の小さな駅、「京阪京津線」というローカル線の駅です。

JR山科駅か京阪三条駅あたりから乗り換えしましょう。

スタートあたりからいきなりごちゃごちゃとしていますが、台風18号の傷跡はまだしっかりと残っています。

スタートあたりからいきなりごちゃごちゃとしていますが、台風18号の傷跡はまだしっかりと残っています。

 

強引な突破劇

強引な突破劇

今回は強引な通過を計りましたが「まったくおススメできません」、上に示した迂回路をなるたけ選んでください(事前調査の不足は事故の元です)。

 

階段だらけの序盤、坂も急で苦しい。右上の写真は途中で見つけた「別ルート」のリボン、おそらく「迂回路」の合流地点

階段だらけの序盤、坂も急で苦しい。右上の写真は途中で見つけた「別ルート」のリボン、おそらく「迂回路」の合流地点

序盤は「急登」体も目覚めていない時間なので「ゆっくりと」歩きましょう。

一時間ほど登ると、琵琶湖が望める、さらに30分ほどで徐々に道は緩やかになる。

一時間ほど登ると、琵琶湖が望める、さらに30分ほどで徐々に道は緩やかになり頂上にたどり着く。

「重い」道が続きますが、時間は短くあっという間に到達します(今回は1時間30分で頂上に着いています)。

頂上のパノラマ(スマホ対策で写真が横を向いています)

頂上のパノラマ(スマホ対策で写真が横を向いています)

音羽山はすばらしい眺望のある山です、「超初心者登山」的にはここから折り返して、大谷駅の「かねよ」でうなぎでも食べて帰るのが良いのではないかと思います。

 

【「音羽山から醍醐寺への崩壊ルート」へ続く】

 

 



人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •