【山でも自転車でも】GPSのログ(GPXファイル)の加工は「GPX EDITER(フリーウェア)」でやれば、エクセルと戦う必要ありません!!【カット編】2/2

OK_1st_osakaciity_vote

前回に続いてGPX Editer(ダウンロードはこちら)の紹介を続けます!!

 

【GPSについて】あなたのスマートフォンにGPSが搭載されているなら、ぜひGPSロガーアプリをインストールしてみてください。登山やサイクリング、スキーなどのアクティビティで「実際に移動したルート」や「時速」などを知ることが出来て、トレーニングの記録にも良い思い出になることもうけ合い!!!です。Andoroidなら「山旅ロガー+地図ロイド」がテッパン、iPhoneならZweiteGPSをとりあえずはお勧めします。

 

b-2)高度0mのポイント削除

・・・で、すいませんが『前回のデータクリーニング』を読んでいない方は前回も読んでいただいて、その上でこちらの『高度0m』のデータクリーニングについても一読ください。

【高度0m】のデータクリーニング(任意)

【高度0m】のデータクリーニング(任意)

まあ高度については、ルートラボ等の『地図上』で共有するサービスを使う場合にはあまり関係がないですけどね。

 

c)GPS(GPX)データのカット

ルートの上から余分な部分を省きます。

今回の例で言えば、上の「ルートラボ」のルートでは「温泉に入ってた時間」とかに「GPSを切り忘れていた時のデータ(ルートログ)」をカットしてあります。

では早速ですがデータを「切って」みましょう!!

「CUT」必要のない部分と、必要な部分の間に「切れ目を入れる」

「CUT」必要のない部分と、必要な部分の間に「切れ目を入れる」

次に、切れ目を入れたデータの必要のない部分を選んで完全にカット(DELETE-削除)します。

『DELETE』完全の不要部分を削除する。

『DELETE』完全の不要部分を削除する。

「削除確認」Oui(ウィ)フランス語、でも「コル」とか実は日本でも一般的なフランスの山岳用語も多いのです。

「削除確認」Oui(ウィ)フランス語、でも「コル」とか実は日本でも一般的なフランスの山岳用語も多いのです。

これでOKです。

これは仮に「ケーブルの部分」もカットしたルートの「Google Map」表示

これは仮に「ケーブルの部分」もカットしたルートの「Google Map」表示

 

最後に) データ保存

まあ、どこからしていただいてもOKなんですが。

ボタンから保存するなら「鉛筆付アイコン」で、左が「上書き」で右が「名前をつけて」保存です。

左端:開く/その隣:保存/その隣:名前をつけて保存/右端:ファイルを閉じる

左端:開く/その隣:保存/その隣:名前をつけて保存/右端:ファイルを閉じる

 

 



人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •