コラム「やっとのNeoFlex正式稼動~インテリジェントなデスクをかいくぐってアームをつける方法」

そういうわけで、ようやっとディスプレイアームのNeoFlexが使えるようになりました。

【左右には自在】上下に振るのは厄介

【左右には自在】上下に振るのは厄介

なぜ前回の記事から二週間もかかったかというと、会社のデスクが「インテリジェントなシステムデスク」だったからです。

 

【知恵の輪のようなデスクvsモニターアームの戦い】

問題になったのは「デスクのケーブルマネジメントシステム」で、ケーブルをまとめられるように、あるいは外から見えないように画す「化粧板(裏にはケーブルを通すトイ・溝)」の存在でした。

【黒がデスク】これは横から見た断面図です、化粧板の上部の切れ目が数センチしかないためこのままではアームが「浮いてしまう」ので間に木材(1x4材)を挟んで『デスクの厚みを追加』してあります。

【黒がデスク】これは横から見た断面図です、化粧板の上部の切れ目が数センチしかないためこのままではアームが「浮いてしまう」ので間に木材(1×4材)を挟んで『デスクの厚みを追加』してあります。

高さを調整するだけではすまず、この化粧版がまたも「邪魔」をします。

固定ねじのハンドルが(固定を手動でできるように大型)引っかかってしまって、固定ができないのです。

【ねじも買い替え】W3/8ボルトをホームセンターで購入。

【ねじも買い替え】W3/8ボルトをホームセンターで購入。

ボルトの買い替えも一回間違えてUSボルト(W3/8)ではなくISO(10mm)を間違って買ったりで一週間ほどロスしています。

 

【NeoFlexの動作状況】

まあ予想通り、横スライドはスムーズである程度ポジションが自由になります。

【引き出したところ】必要に応じて目の前にモニターを引き出す事ができます。

【引き出したところ】必要に応じて目の前にモニターを引き出す事ができます。

ただし、モニターの「上向き、下向き」は自在に変更することができません(ゆるく調整すると重みでモニターは「お辞儀」してしまいます)。

格納状態ではアームが折りたたまれる都合もあってモニターはやや「前傾」した状態になっています。

【格納状態】壁際に戻したところ、「やや前傾」した状態になる。

【格納状態】壁際に戻したところ、「やや前傾」した状態になる。

 

まあ、目的には適っています。

じゃまっけな「モニターの足」は無くなり、「モニターのポジション」もある程度自由に、しかも手軽に変更できます。

 

「作業姿勢の改善」は健康にとって重要ですし、「デスクの活用効率向上」は生産性に影響するところです。

・・・ま、僕は満足ということで!!!

 

「NeoFlex」と「LXアーム」
(「NeoFlex」/「LXアームのエクステンション(延長アーム)」を購入する場合はヨドバシのほうが安価です)

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

 

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
以下のAdSenseユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を掲載するという意味において、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!