晴れた週末、美しい海辺と騒々しいBBQ[2020Special]

そういうわけで、またややこしくなってきましたが粛々とこの冬を楽しみに行ってきました。

舞洲スポーツアイランドの海側の海岸線はアウトドア関係のスポーツ施設が連なっています。

困ってしまうのは間に「モータースポーツ」が挟まっていることで、今回泊まった「ホテル・ロッジ舞洲」サイドは大丈夫だったんですが、バーベキュー場(舞洲バーベキューパーク)は結構うるさかったですね、北港のマリーナにヘリも飛んでいてこれはひどかったです。

アクセス
Googleマップ

舞洲スポーツアイランドへのアクセス https://campsite7.jp/event/special/bbq2020/
「新夕陽丘からの眺め」六甲山を体面に美しい景色だがレースの爆音が響いてくる。

ロッジ舞洲からバーベキューパークへは「新夕陽丘公園」を通過したら距離も道の感じも悪くなく、景色も楽しめます(ウルサイけど)。

今年のスペシャルイベントはこんな感じで「ホテル・ロッジ舞洲」と「舞洲バーベキューパーク」でのBBQ&キャンプでした(まあお金がある人は普通にロッジ舞洲に併設されているバーベキュー場「森とリル」をつかってください、そっちのほうが楽だし静かだと思います)。

ホテル・ロッジ舞洲は全体的にすごい良い感じでした。

「舞洲バーベキューパーク」週末宿泊イベント実施中!!

【ホテル・ロッジ舞洲】

ホテル・ロッジ舞洲はヨーロッパの山の上にありそうな堂々としたロッジです。

このあたりの施設は全部(隣のパームビーチはもっとひどい)「外から見るとうーん、イマイチ」という感じがあります。

その中ではロッジ舞洲はなかなかいい感じです、そしてこの施設は中に入るともっといいです(初めの写真はこのホテル新館からパームビーチ方向の景色です、外から見ると全く違う別天地です)。

海へと連なる森の中にロッジはもちろんホテルもうまく配置されていて、外界と切り離された森のロッジ感があります。

ホテル本館前のファイヤーサークルでは夜に焚火も行われていたようです。

海際のウッドデッキは半分崩壊しているのですが、ここは釣り人に公開されていてひっそりにぎわっています。

【舞洲バーベキューパーク】

舞洲バーベキューパークは意外と広びろとしていてそこは良かったのですが、諸々(騒音?)の事情で回りが土手と森で囲われていて、海が見えません。

大阪湾と六甲山が見渡せれば「絶景のバーベキュー場」となったのだと思いますが、まあそれはなくとも「非常に便利でそれなりに自由」で良いバーベキュー場です。

今回は場所を広く取りましたし、屋根ありサイトにしたので高くなりましたが、1サイトにきっちり12名くらいをアサインすればお金的にも「まあ見合う」のではないと思います(まあ地価を考えると仕方ないけど、ちょっと高いけどねー)。

すぐ隣にローソンがありますので、ちょっとした買い物では困りません。

ちなみに車は1台は無料ですが、二台目以降は近所の大きな交差点にあるニッセンの駐車場に止めれば1台500円で1日で止められるそうです。

今回のスペシャルメニューは「サムゲタン」やはり陽が落ちると冷えてきますから大人気でした。


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •