NoA「寝屋川市野外活動センター」写真+施設のレポート

そういわけで、この週末は四條畷にある寝屋川市野外活動センター「NoA」へとショートトリップしてきました!!

【NoA】入り口には旗がはためいている。

最大の特徴は「ロッジに泊まるにしては非常に安い」施設です。

細かいレンタル備品などはこの「NoA必須申請書3種」エクセルの貸し出し備品のシートでご確認ください。

 

【地図解説-細長いフィールド】

【奥が深いフィールド】

個のフィールドは比較的細長いフィールドで背景にある山には子供に人気の滑り台や展望台への散策路が存在します。

 

沢山のロッジのある施設で、逆にテントを張る場所は限られています(公式にはサイト設定などは無いと思います)。

【ロッジ村】これは一番奥の「小型ロッジ(ホオジロ〜オオルリ)」の並ぶあたりです。

 

食事の用意は各エリア(手前:さくら/自炊場下:いちょう.もみじ.ぽぷら/自炊場上:ウグイス.ホオジロ〜オオルリ)に用意されている「炊事場」で行います。

【中盤調理場】ここが一番設備が良い、右側がロッジ(ぽぷらが微妙に見えています)、左側がカマドや洗い場などが集まっている場所。

ちなみにカマド以外でもバーベキューコンロを使えるので焚き火なども色々なところで行う事ができます。

 

入り口のすぐ横には受付があり、入所したら(車は自由に停められるので停めてから)受付で受付を済ませましょう、基本的な確認事項と包丁やカセットコンロの貸出はここで行われます。

【受付への道】進むと看板が出ているのですぐわかります、ロッジ「さくら」も見えていますね。

(宿泊人数の増減などについてもここで相談しましょう)

 

その他の食器類などは割り当てられた自炊場のテーブルに置かれています。

【貸し出し品】こんな感じです。

 

憩いの広場(ファイヤーサークル)はこんな感じで「ちょっと広すぎる」ため使いづらいです。

【憩いの広場】緊急時の避難所にもなります。広くてフットサルコートくらいは取れそうです。

 

イチオシのロッジは「さくら」です!!

【さくら】入り口にも近く荷物の搬入も楽!!

小さなロッジですが1-2階があり20人くらいは泊まれ、ロッジの前で焚き火もできますしシャワールームもついています(他のロッジだとシャワーは共同のシャワー室まで行く必要があります)。

 

「ぽぷら」や「オオルリ」は炊事場の前なので楽は楽なのですが、他のグループと共同利用なので騒がしいのが欠点です。

今回僕達が泊まった「ウグイス」は1-2階建てで1Fは3部屋に別れているので長期滞在にも悪くない感じでした。

 

【アスレチック】

アスレチックはちょっとしたものがあるだけですが、まあ野山を走り回れば十分なアスレチックになります。

滑り台はスピードを出すためにはダンボールやヒップスレッド(ソリ)などで滑りましょう(子供たちはしゃがんだ状態で「足だけで」滑る事でスピードを出している工夫をしたりしていましたが危険はありますね)。

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA


あと上の360°画像を見てもらえれば天文台などもあるのがわかりますよね?

ちなみにここから下に降りていくと幻想的な池などにも行くことができます。

野鳥観察小屋の横から道に下りる/なかなか神秘的な情景

ファミリーの「キャンプ入門」には最適の施設の一つです!!

 


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •