コラム「ブルームフォンテーンの悲劇から『桜の凱旋』へ」

いや、買いました。

そして買いましょう、「桜の凱旋(Numbers別冊)」

雑誌にもかかわらず、出版前の増刷、それでも足りず3刷で15万部という「ベストセラー」でもあります。

 

【ブルームフォンテーン悲劇から『桜の凱旋へ』】

ラグビーの長年のファンの中ではまさに待ち望まれていた「復活」そして「奇跡」でもあります。

僕は中学で少しやっただけですが、ワールドカップといえばラグビーファンにはトラウマがあります。

img_0

1995年ラグビーワールドカップ、対ニュージーランド(ALL BLACKS)戦

ニュージーランドのほぼ控えチーム相手に145対17(前半12トライ、後半9トライ)で完敗します。

 

「ラグビー(という競技)では日本はダメなんだ…。」と僕も思った記憶がありますが、本当に圧倒的な負け試合でした。

 

【日本ラグビーを復活させた偉業】

しかし本来の日本のラグビーは違います、いや「違いました」と証明してくれました。

素早い集散と正確なパス回しでの広い展開「接近・展開・連続」1971年に大西監督が示していた「スピーディーで流れるような」ラグビーの復活です。

【ジャパン】全日本ではなく「ジャパン」を愛称にしたのはラグビー代表がルーツ

【ジャパン】全日本ではなく「ジャパン」を愛称にしたのはラグビー代表がルーツ

日本では伝統的に皇族の支援も受け(秩父宮ラグビー場は「単なる競技場」ではなくラグビー場なのです)、早慶戦、早明戦と伝統的に市民に愛されてきたスポーツでした、そしてこれから「愛されているスポーツ」復活です!!

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •