コラム「まだまだ意気軒昂な100円ショップ〜文具王に挑戦できる携帯ハサミに感心した!!」

「円安でどうか?」みたいなことを書いてしまいましたが、先日話題になった「ライトニングケーブル・アダプタ」といい、むしろ『知的なビジネス』になりつつあるんじゃないのか?

…と思われる100円ショップなんですが、先日『文具王も驚くような』携帯ハサミも見つけたのでご紹介します。

【100円】むしろ安くし過ぎなのではないかという、粘着包帯、テーピングサポーター、そして今回紹介するイチオシの『携帯ハサミ』

【100円】むしろ安くし過ぎなのではないかという、粘着包帯、テーピングサポーター、そして今回紹介するイチオシの『携帯ハサミ』

 

【携帯ハサミの苦悩】

僕も一応(アナログ)ゲーマーの端くれなので、こういう文具系のものは結構マメにチェックしています。

ペンやら、色鉛筆やらは普通の人よりも筆箱の中に備えている方だと思います。

 

ナイフは僕の場合はまあ「VICTORINOX」でカバーするんですが、問題になるのは「ハサミ」です。

キーホルダーにも付けられるクラッシック(小型)、スタンダードサイズでおすすめのハントマン

 

もちろん本当に細かいところはこの多機能ナイフについたハサミで何とかなるのですが、「まっすぐに切りたい」「結構数がある」となるとやはりこのハサミでは力不足が否めません。

【VICTORINOX】万能ツールだが小型以外は銃刀法の規制がある、ハサミは爪切りにもなるスグレモノ。

【VICTORINOX】万能ツールだが小型以外は銃刀法の規制がある、ハサミは爪切りにもなるスグレモノ。

で、文具王推薦(ただし去年か一昨年)の携帯ハサミ買ったのですが、これがまた、難しい。

しかたがないのですが、ハサミは開くときに指をいれる「輪」で開き、握ることで切るという動作をおこないますが、この「輪」が貧弱だとどうしてもスイスイとは行かないのです。

【携帯ハサミ比較】ハサミに形が似ているのはレイメイの携帯ハサミだが、組み立て部のあるハサミはだいたい使いにくい。

【携帯ハサミ比較】ハサミに形が似ているのはレイメイの携帯ハサミだが、組み立て部のあるハサミはだいたい使いにくい。

 

【100均のスマートハサミは「ニッパー方式」】

で、100均で最近見るスマートハサミはビクトリアノックス同様に「ニッパー方式」を採用しています。

【ニッパー方式】「バネ」だけは折りたたみだが、仕組みがシンプルでブレがない。

【ニッパー方式】「バネ」だけは折りたたみだが、仕組みがシンプルでブレがない。

「握って切る」「バネが戻す」という方式なのでそもそも「指をかける輪」が要らなくなり、スマートで組み立て部の無い構造を実現しています。

 

アウトドアでも「包帯を切る」時なんかにはあまりナイフは出したくないし、かといえ使いにくいハサミも怖い(時間的な成約があるときには細かなミスの発生要因は抑えたいものです)という時にも使えそうなので、救急箱に入れておこうかなぁ…、というぐらいの優れた「ツール」です。

 

 

期間限定「インフルエンザ対策ストア」バナー