コラム「100均で関心したものその2『話題の特許回避iPhone充電ケーブル+救急用品』」

昨日は斬新な携帯ハサミに感心したという話をしましたが、今日はその続きです。

まあ、一つ目はこちらダイソーの「特許を回避して製造されたiPhoneの充電ケーブル」です。

【話題のケーブル】片面のみの接点で「どちらでも自在に使える」という特許を回避した製品

【話題のケーブル】片面のみの接点で「どちらでも自在に使える」という特許を回避した製品

これで充電について「100円で買えてしまう(データのやり取りはWifiで十分ですし)」時代に突入したと言えると・・・まあこれでまたAppleがコネクタを切り替えてくると厄介ですが。

 

ケーブルとしては「普通」ですが、根元の補強などがきっちり着いているので「Lightningケーブル」とはちがい、頑丈とは言えると思います。

持ち歩くケーブルにはやはりこういうタフさは必要なので、山にもって行く場合などはこれのほうが良いでしょう。

 

【救急用品 接着包帯】

そういうわけで、救急用品もどんどん100均化!!

【二種類】接着包帯は巻くだけでつくので「テープ」を持つ必要がなくなる/テーピングサポーターは関節の補強以外にも様々な用途に使える。

【二種類】接着包帯は巻くだけでつくので「テープ」を持つ必要がなくなる/テーピングサポーターは関節の補強以外にも様々な用途に使える。

接着包帯は「まくだけでつく」ので包帯巻きが簡単になり、テープも必要なくなるという意味で「一石二鳥」のツールですし、テーピングサポーターは関節を補強するほかに、アイシングの固定などにも使えるので便利。

 

100均になったことでの違いはほとんど無いですが、接着包帯は市販の製品に比べると量が少ないです。

ただ僕自身「芯を省くために」にいつも一度巻きだして一巻きを二つくらいに分けた形で「折りたたんでから袋つめ」していたのでこの程度の長さでもちょうど良いと思います。

品質も遜色なく、巻いた後の「モチ」は似たようなものです(でも香料はいらないよね!!)。

 

【救急用品 テーピングサポーター】

【サポーターの輪】これは好き嫌いがありそうだが「スタート」の固定に悩む必要は無くなる。

【テーピングサポーターの輪】これは好き嫌いがありそうだが「スタート」の固定に悩む必要は無くなる。

サポーターは上の写真のように一端に「ループ」があります。

これは関節のサポーターとして使う場合は非常に便利でスタートの部分は通常こういうループを「摩擦で(重ね合わせるだけで)」つくっていたのが、これだと『バチっと』決まります。

 

ただし、単純なループなので「しわ」が出来やすくこれは好き嫌いが分かれそうですね、でも普通に考えたら「良い工夫」です。

 

こういったものも「100円で」買える時代です『持ってない事』の言い訳の余地は日々少なくなっていきますね。

 

 

期間限定「インフルエンザ対策ストア」バナー