【木曽駒ケ岳顛末記】なぜか木曽駒から有馬へと【小宿とうじ宿泊記】

今回なぜか木曽駒帰りの温泉が「有馬温泉」でした。

 

「なぜか?」というほど謎でもなくて、車を出してくれた友人が『有馬あたりに住んでいる』ってだけなんですが。

東西300kmの自動車旅行を経て、有馬温泉に浸ってきました。

【打ち上げは有馬で】グリル六甲の「ハイカーセット」(1000円)

【打ち上げは有馬で】グリル六甲の「ハイカーセット」(1000円)

 

【有馬温泉-小宿とうじ】

【有馬の工房】1Fの庭園前にはごんそば「全寿庵」がある。小宿「とうじ」は3F。ロケーションは良い。

【有馬の工房】1Fの庭園前にはごんそば「全寿庵」がある。小宿「とうじ」は3F。ロケーションは良い。

小宿とうじ(楽天トラベル)は悪くない宿です。

素泊まりのみですが一人なら7~8000円、二人で一室なら一人5000円程度でも泊まれます。

【とうじの部屋】清潔感がある部屋、ただしトイレは共同、廊下はビジネスホテルの様、カギはバス停の並びの「観光協会」で受け取る。

【とうじの部屋】清潔感がある部屋、ただしトイレは共同、廊下はビジネスホテルの様、カギはバス停の並びの「観光協会」で受け取る。

これは有馬温泉を楽しむには一つの選択肢になるでしょう、ただし温泉はありませんから全て外湯になります(町営の金泉・銀泉は入り放題、ただし現在『銀泉』は事故で営業停止中)。

【全寿庵】そばはだったん、信州の二種類の粉でそれぞれの十割と二八そばが食べられる、モーニングセットはいろいろ食べれてお得。

【全寿庵】そばはだったん、信州の二種類の粉でそれぞれの十割と二八そばが食べられる、モーニングセットはいろいろ食べれてお得。

ロケーションは面白く、1階の「ごんそば全寿庵」のサービスはかなりよいです(そばは1人前800円程度で高くはありません)。
さらに、実は裏が「お寺」なので朝になると「おつとめ」がはじまります、「とうじ(湯治)」らしくて良いと思います(お寺側の部屋を指定しましょう)。

 

【有馬では繁華街が拡大中】

面白くて雰囲気のあるレストランがどんどん増えています。

【茶房 堂加亭】ただし、食事を本格的にしたければ予約をしたほうが無難。

【茶房 堂加亭】ポルトガル喫茶(?)店、食事を本格的にしたければ予約をしたほうが無難ですが、ワインぐらいなら飲ませてくれます。裏の庭はオープンエアで美しい。

お金持ちはもちろん今までどおり、すばらしい旅館に宿泊し、食事も温泉も旅館でサービスを受けるのだと思います(それはもちろんすばらしい事です)。

 

【多彩】立ち飲みも2軒あり、焼肉屋 味楽はなかなか良い肉が出る。

【多彩】立ち飲みも2軒あり、焼肉屋 味楽はなかなか良い肉が出る。

ですがバス停のそばにセブンイレブンができ、中心地付近の商店が次々入れ替わって、「短期滞在でも楽しめる町」に変わりつつあります。

 

【紅葉谷は閉鎖中、かんぽの宿有馬は再開決定】

今年の大雨で有馬温泉近辺も大きな被害を受けました、『魚屋(ととや)道』は何とか復旧しましたが『紅葉谷』は2014年10月現在も閉鎖中です。

【かんぽの宿 有馬】金泉しかないが源泉を自前で持っているという「かけ流しの宿」だ。

【かんぽの宿 有馬】金泉しかないが源泉を自前で持っているという「かけ流しの宿」だ。

有馬温泉で「食事つきフルサービス」を受けることのできる施設としてはもっとも安価な「かんぽの宿」はこの夏の台風で大きな被害を受け営業を休止していましたが、これが10月21日から再開されることは決定しています。

 

町に降りるには少し手間ですが、登山の拠点としては良い宿ですし、「すばらしい」内装とかではないですがキレイな施設で、和室は落ち着きます。

「本格的な有馬」とは違いますが「手軽に楽しむ有馬(登山のついでに楽しむ有馬)」としては十分に価値のある施設です。

 

「なぜ木曽駒ケ岳のオチが有馬なんだ!?」と思われると思いますが、今年の遠征はこういう感じでした!!

来年は立山!!

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •