超初心者登山の「読図を助けるツール-高度計付腕時計」

 

『地図を読む』ことについては少し前にご説明しました。

「読図の基本」は『地図』と『地形』を『脳の力』で『一致』させる(自分の今見ている景色が地図上のどの「ポイント」かわかる)ことだとお話しました。

 

山岳地図では都市の地図とは違い「ランドマーク」よりも「地形」を基準に『一致』させる必要があります。

 

読図の大きなヒントになるのは一つ「方位磁針(コンパス)」です。

 

地図の北(『地北線』という言葉も説明しましたね)を「どちらの方向に向ければ地形と一致するのか?」がわかるからです。

rmap

 

読図の基本は「地図の方位」と「地形(等高線の形)」から『今の景色が地図上のどこか?』を知る事です、これは実地のトレーニング(家の近所の地図を入手して、実際の地形と見比べてみる)を積む事が有効です。

 

その上で、『高度計』を持っていれば読図の大きな助けになります。

rmap_m

 

上の図の□の中のように、ルートに乗っていれば、『地図(前進中のルート)』と『高度計』だけで場所が確定できてしまうくらいです・・・・・・とはいえ高度が大きく変わらないルートや、そもそもの「道迷い遭難」の場合にはそれだけでは当然無理なので、トレーニングはしましょうね!

 

※ちなみに高度計は気圧変動の影響を受けるため、必ず入山直前に再調整する必要があります(この操作は覚えよう)。
具体的には、登山口など標高がわかっている場所で、その標高を入力する、この操作(機能)は全ての高度計に含まれています。

 

1)CASIO スタンダード スポーツギア

機能:防水+高度計

防水+高度計と登山に必要な最低限の機能を備えたモデル

 

2)CASIO プロトレック RPG-240-1JF

機能:防水+高度計+デジタルコンパス+ソーラー充電

防水+高度計+方位測定+ソーラー充電とほぼ全ての機能をカバーしたモデル、ただし僕としては複雑な操作でわざわざ方位測定を行うなら、普通にコンパスを持っていくだろう。買うならソーラーのためと、プロトレックの持つ強固さのためだ。

 

3)LAD WEATHER

機能:防水(いちおう)+高度計+デジタルコンパス

機能的にはソーラー以外は全部入りだが、防水の1気圧が気になる。汗や小雨なら大丈夫という程度、『一度試してみたい』くらいならこれでも(本格的に使うには防水が不安すぎる)。

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •