コラム「雨具のマニアックな話~ウレタン系編~」

ウレタン系、つまり「ゴアテックス以外」の雨具の透湿浸透性生地についての解説に行きましょう。

 

さて、『防水透湿性素材』とはどんなものでしょうか?

防水透湿性素材は水蒸気を通し、水を跳ね返すという特性を持つものです。
簡単に言えば『雨を跳ね返し、汗を逃がしてくれる』という機能を持ちます。

 

以上前回のゴアテックス編からの抜粋です。

ゴアテックスは「水は通さないくらい小さくて、水蒸気は通るくらいの穴」をたくさん開けたフィルムで『防水透湿』を実現しました。

 

ではこのライバルたるその他の素材・・・・・・『ウレタン系』素材ではどうなるのでしょうか。

 

東レの防水透湿生地"エントラントEC"の図解

東レの防水透湿生地”エントラントEC”の図解

 

ウレタン系素材はなんと『吸水』することで『透湿浸透』を実現します。

 

ウレタン(ポリウレタン)はよく吸水素材として使われます、たとえば「スポーツウェア」です。

吸水して汗を吸い取り、すばやく蒸発させることで快適なウェアになるわけです。

このウレタンを、撥水(防水布)でカバーして『耐水化』してウレタンの『吸水力』で内側から水分を集め、『速乾性』で水蒸気を排出するのがウレタン系の『防水透湿素材』の仕組みです。

エントラントの断面写真~第二膜 ウレタン膜(層)の内側に穴が開いているのは、それによって、肌の側に濡れを感じさせないためと思われる。

エントラントの断面写真~第二膜 ウレタン膜(層)の内側に穴が開いているのは、それによって、肌の側に濡れを感じさせないためと思われる。

ポイントは『直接水蒸気を通す』仕組みではないところです。

一度ウレタンが吸水する仕組みのため、ウェアの内部は濡れていてもかまいません、それどころか肌に張り付いて吸水しているほうが良いとさえ言えます。

 

速乾性による『蒸発』は内部に向かっても、外部に向かってもおこりますが、このときに内側が「蒸発の余地がない状態」であるなら、外に向かってしか蒸発しないからです。

 

ウレタン系の良さは、この吸水フィルムにあります、雨具だけを単体で着ても吸水し、透湿してくれるのです。

 

但し欠点もあります、それは日本のように高湿度の環境ではいかに速乾性素材とはいえど『乾燥(透湿)』が弱くなるのです。

 

そもそも雨の降っている状況ではある程度高湿度の状態になります、ですからこの欠点はある意味致命的とも言えます。

『水は通らず、水蒸気は通る程度の穴が開いている』という簡単さとはちがい『一度吸水し、速乾させる』という仕組みから生まれる問題です(ちなみに外部がざぶざぶと濡れる状況になるとウレタン系は逆に外側から内部への透湿が発生する可能性があります、ですから魚釣りなどの用途に使われる雨具はゴアテックスのほうが優れていると言えます)。

 

もちろんゴアテックスも「温度差」がなくなれば(たとえば気温が36度くらいで雨が降りしきる状態になれば)透湿性があまり活きない状態にはなります、しかし一般的に使われる状況下ではゴアテックスのほうが優位であると言えるでしょう。

 

ex.気温が36度で雨具を着ていた場合、雨具内の温度が40度になるとします。

ゴアテックスはこの4度差の力で透湿をします、ウレタン系の素材の場合も温度差はある程度蒸発を助けてくれますが、問題は湿度の差です。

 

日本のように湿度が70%という国では、ウレタン系の雨具内の湿度は最低でも70%にしかできません。

これが雨が降っても50%という国であれば、もっと透湿することができるのですが・・・・・・。

 

もちろん他の細かな造りでも水蒸気を上手く逃がし、外からの雨を入れない工夫というのはなされています。

しかし、ある程度以上の価格の製品では最後はもっとも面積の多い生地の性能、特性が大きくモノを言ってくることになるのです。

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •