【速報】「イノベーティブなお花見」in 万博記念公園 東広場

そういうわけでこの週末は花見を2回、なかなか大変な2日間でしたが楽しめました!!

 

1日目はニュースサイト(アプリ)NewsPicksの会、2日目はスキークラブとその関係のお店の花見でした。

僕自身万博公園で花見をしたことが無かったので1日目をメインに書きたいと思います。

 

【万博公園 東の広場】

【万博記念公園】この広大な芝生広場が・・・(使用前↓使用後)

【万博記念公園】この広大な芝生広場が・・・(使用前↓使用後)

まず、万博記念公園東口(公園東口という駅が最寄り駅です)付近の芝生広場が会場でした。

実際には「太陽の塔」あたり(上の広場)も花見スポットでしたが、かなりの人口密度でちょっと人酔いしそうな感じがありました。

【東の広場】今回は東の広場で実施

【東の広場】今回は東の広場で実施

周辺の状況ですが、「東大路」には売店もありトイレも併設されています。

「Expo’70パビリオン」にもトイレがあり、まあトイレ環境は悪くありません(ただし人は多いのでかなり並びますが)。

売店はジュース・ビール・軽食(スナック菓子/ホットスナック)あたりが扱われているという「由緒正しい売店」という趣です、商品の品揃えにはあまり期待しないようにしましょうね~。

 

【東広場の場所取りについて】

【広大な広場】南側を取るのが有利?

【広大な広場】南側を取るのが有利?

東広場にアクセスするなら「東口(公園東口駅)」からが『空いていてよい(中央口は一時かなり並んだ)』という意見と、「中央口(万博記念公園駅)」からでも『距離は大した事ない(し、太陽の塔に迎えられるのは気分がよい)』という意見に分かれていました。

このあたりはお好みで。

 

東広場の中では上の写真では「奥側」にあたる「南側」に結構席が取られていました。

これは「木陰」を活用するためで、タープは設営禁止(ポップアップテントはOK)という大阪城でもおなじみの花見レギュレーションなのでこれは大切な工夫かもしれません。

ただ、奥に行くと合流は難しくなるので、このあたりは情報の出し方を考えないといけませんね。

 

今回はニュースサイトだったので「イノヴェイション」がテーマのようでしたが、僕のイノベーションはこれ!!

【リアル結合】シートの結合と、再度にテープを張っての固定

【リアル結合】シートの結合の「コヨリ」と、サイドにテープを張ってのシート固定

写真右は「養生テープコヨリ」

シートを接続するときに「テープしかない」といわれたので、テープを捻ってコヨリ状にしたもので縛りました。

ナナメにひねることで養生テープの特徴である「簡単に切断できる」というのが軽減できます。

 

あとは、左の写真のように「シートの端っこを全てテープで貼れば」固定力は知れているのですが、空気(風)が下には潜っていかないので結果としてシートは飛ばされません!!

イノヴェイション!!

(→万博公園の諸々のパンフレット類はこちらでダウンロードを!!ノルディックウォーキングのコースまで設定されていました。)

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

 

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •