【g.u.4周年送料無料】登山に使えそうな商品のご紹介「トップス編」【UNIQLOも買えます】

2nd_osakaciity_vote

さてそれでは前回の続きです。
今回はトップス、難しいのはユニクロ、g.u.には「ロングスリーブが無い」事です。

正直な話これは「どうしようもない」と言えます、アームカバー(アームレギンス)もありません、まあ「腕は出しておくのがおしゃれ」って事なんでしょう。

→前回(インナー)と違って数はいりませんがこちらの持ち物リスト

 

【トップス:ロングスリーブシャツ】

日焼け対策にはまあ「日焼け止め」でも良いんですが、怪我も防げますので僕は「長袖シャツ」をおススメしています。

ユニクロ・ジーユーには無い・・・仕方が無いのでロングスリーブのシャツは別から買うか。

 

アームカバーで対応しましょう。

別に恥ずかしいことではありません、ロードの選手も良くつけています。


実はというか、やっぱりというか「手袋会社」の製品がおススメです(左の「おたふく手袋」)。

 

キリリと気合を入れたいあなたはスポーツブランドでも!!

でも、SKINSとか(機能性スポーツウェア)をスリーブだけで買うなら普通にロングスリーブのSKINSを買って上に好きなTシャツなりを着たらよい気がします(快適性もSKINS+Tシャツのほうが高いはずです)。

機能性タイツのざっくりした紹介はこちら、各メーカー同じライン、ブランド名でロングスリーブシャツも出しています。

 

【トップス:アウター】

アウターですが、これなら選ぶ余地はあります。

まずはおなじみフリース+雨具(これは専門品を買っていましょう→リンク先の三種の神器の3つ目が雨具です)で機能的には十分で、『水にも強い』という環境が作れます。

【フルジップがおススメ】まあ着脱ぎしやすいですから、体温調整大事です。

【フルジップがおススメ】まあ着脱ぎしやすいですから、体温調整大事です。→この時期はユニクロでしかフリースの在庫は見つかりませんでした。

さらに、1500mを超える場所に滞在するなら夏でも念のため「ダウンジャケット」は持ち込んだほうが無難です(しかも、たぶん着ると思います)。

ちなみにこういう「化繊の製品」は「石油製品」なのでよく燃えます。

火の粉で「パッツリ」穴が開いてしまうこともしばしばです。

なので、アウターには「火遊び用」として「綿」のジャケットかシャツを一つ持っていると良いことが多いです。

もちろん実際には男女それぞれにありますが、女性のシャツは薄すぎるかもしれませんから、ジャケットなどを考えたほうが良い気がします。

もちろん実際には男女それぞれに製品がありますが、女性のシャツは薄すぎるかもしれませんから、ジャケットなどを考えたほうが良い気がします。

【綿と麻の混合】面白いと思ったのはこのラミーカーディガン。麻がこれくらい(50%以上)入ってると汗に強くなる。

【綿と麻の混合】面白いと思ったのはこのラミーカーディガン。麻がこれくらい(50%以上)入ってると汗に強くなるし、火にも強い。

まあ、僕は「ファッショナブル」な人ではないので、デザインについては勘弁して下さい!!w

 

ただ機能としては「化繊のウェア(十分なアウター)」に「+1」で「綿(とか皮)のジャケット」があるとアウトドア的には一応360度対応できるという状態になります。

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

 

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
以下のAdSenseユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を掲載するという意味において、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!