ユニクロ登山の弱点「ボトムズ」を補うパンツには「ダンスパンツ」が面白い

僕自身はユニクロ登山といえば「ドライストレッチパンツ」です、運動性、快適性文句なしですし、フォーマルなスタイルも悪くないと思うからです。

【変な写真】「悪くない」といいながら変な写真ですいません(自分で自分の写真はなかなか…)これはドライストレッチパンツで、スカウト活動のときスカウトに撮られた写真ですね。

【変な写真】「悪くない」といいながら変な写真ですいません(自分で自分の写真はなかなか…)これはドライストレッチパンツで、スカウト活動のときスカウトに撮られた写真ですね。

 

【正道「ドライストレッチパンツ」】

【2015年版】まとめ買いセール中、今年は3つの商品全てが「脱綿」したので悩まない。

【2015年版】まとめ買いセール中、今年は3つの商品全てが「脱綿」したので悩まない。

プロゴルファーのアダム・スコット選手(マスターズ王者です)の協力を受けて開発されたドライストレッチパンツ「スポーツにも使えるパンツ(スラックス)」です。

2015年版ではウラ素材に東レと共同開発した素材を投入しています。

まったく「完璧」なのですが、残念ながら「1スタイルしかない」というのが問題になります、現代は『多様性』の時代ですよね。

 

【崩すスタイルならダンスパンツは面白い】

さて、そこでです。

何度も繰り返しているように登山のウェアの選定基準は「速乾性と運動性」この二つさえ満たしていれば何でもかまわない、そして具体的に言えば「フル化繊(あるいはウール)」のウェアであることです。

 

そして「スポーツ向けのウェア」なら「特に工夫も必要がない」というのもポイントとしてお話しました(→「シャツ論考」スポーツ向けじゃないシャツを使うにはレイヤを考える必要があるという説明)。

 

逆に言えば「フル化繊のスポーツ向けのウェアなら実用に耐える」という事でもあります。
そういう意味で上で紹介した「ダンスパンツ」は実用に耐えます…唯一心配するなら裾の処理ですが、ダンスパンツは「まくってしまう」事も出来るようなので。

 

僕自身は綿のユニクロカーゴも「だましだまし」運用していますが、
ユニクロが「ドライストレッチカーゴパンツ」を作ってくれるまでは、これらの「ダンスパンツ」が唯一の薦めやすい「もう一つのスタイル」という事になりそうです。

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •