音羽山=醍醐寺縦走花見登山速報

2nd_osakaciity_vote

先週末は山科の『大谷』駅から、醍醐寺までの『縦走花見』を実施してみました。

ポイントは昨年の大雨で『道が崩れまくり』ということで、ちょっと一般にはおススメしにくいのですが、逆に『冒険』を求める方には良いかもしれません(但し雨の日はやめましょう)。

ルート地図は後日~
2014/04/06 9:50:28 – 2014/04/06 14:40:19

時間: 04:49:51, 距離: 11.61km, ステップ: 981 速度: 2.4 / 8.0km/h , 標高: 44 – 594m

 

右上の京阪電車京津線「大谷駅」から左下の地下鉄「醍醐駅」まで、右上の水地は「琵琶湖」で眺めは良いし、都市からも近い

右上の京阪電車京津線「大谷駅」から左下の地下鉄「醍醐駅」まで、右上の水地は「琵琶湖」で眺めは良いし、都市からも近い

「大谷駅」山間の小さな駅、有名な鰻屋がある。

「大谷駅」山間の小さな駅、有名な鰻屋がある。

さて、『音羽山までは誰でもいける・・・』と書きたいところですがいきなり道が崩れていて、普通には陸橋が渡れません。

左:写真は上から、雨の影響で崩壊している/右:「はん六」の横の道をあがって裏山へ

左:写真は上から、雨の影響で崩壊している/右:「はん六」の横の道をあがって裏山へ

裏山から強引に崩れ止めのコンクリを超えて橋を渡ります。

結構危険

結構危険

橋を渡ったらあとはひたすら「階段を上ります」というルートですが、すぐに琵琶湖が見えたりしてそれなりに楽しいルートです。

音羽山山頂とその景色

音羽山山頂とその景色

まあ、超初心者ならここまで来て帰るのが正解でしょう。

今回はその後、醍醐寺まで抜けましたが途中の「牛尾観音」からがまた崩れています。

結構悲惨なルートが延々と続くので疲れました。

結構悲惨なルートが延々と続くので普段と違って「しんどい」ルートに。

やれやれという感じで醍醐寺へとたどり着きます。

左は奥の院/右は地上の醍醐寺、下りでも歩いて40分強かかります。

左は奥の院/右は地上の醍醐寺、下りでも歩いて40分強かかります。

面白い『冒険』ではありましたが、道の崩れているところもあるので、十分な覚悟で望んでください!!

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •