【超初心者登山の基礎技術】登山届はまず「家族に」

登山届についていろいろ書いていますが、実際として「大型の計画登山」でもない限り『わざわざ出す人はマレ』であろうと思います(しかも、警察のチェックが間に合うかどうかも定かではありません)。

 

ですから、登山届について『新たな方向性』を考えてみました。

【低山遭難】六甲山程度でも80人程度の年間遭難者が出ている(写真は音羽山)

【低山遭難】六甲山程度でも80人程度の年間遭難者が出ている(写真は音羽山)


 

【家族を『その登山計画の本部』にする】

この程度のものに、『連絡予定日の日付』をつけよう。

この程度のものに、『連絡予定日の日付』をつけよう。

まず、登山計画を作ったら、それを「家族」にプレゼンしましょう。
細かい点は必要ありません(それは届けか計画を書いて、渡しておけばよいのです)。

 

大雑把なルートと、エスケープルート。
そして『中間連絡日(時間)』と『下山日(時間)』を説明して、連絡の約束を取り決めておきます。
地図に書き込みしたもので説明して、カレンダーの横などに貼り出ししておくのが良いでしょう。

 

(そして予定通り連絡が付かなかった場合の対応は決定しましょう、少なくともこの段階で警察に電話をして、相談と登山届(計画)を出してもらうというキメにしておくのが無難です)

 

一番簡単なのはメールでしょうが、場所によっては電話(山小屋の衛星電話)になるかもしれません。

「とにかくメールが届けば【無事・予定通り】」というようなキメにしておけば「電波が細い場所」でもちゃんと届くものです(予定遅延1日なら「-1」、早期下山なら「+1」なども決めておけば簡単な意思疎通もできます)。

 

気分を出したければコールサイン(ジュリエットアルファスリーゼブラタンゴエコー=JA3ZTE)などを決めて通話してもかまわないですが、バッテリーは十分持ちましょう。

【大型】簡単なLEDライトもついている、定番Cheero+と【ライト付き】高輝度LED付きの

家族がこれにノッテくれるなら、家族にとっても『登山』が遊びになるということです。

 

【独身者はどうするのか?】

a1180_014487

独身者くらいなら、実家にメールなり郵送で送って、電話で説明しましょう。

それくらいは許されるでしょ?

 

【人に言いたくないならクラウド化?】

とはいえ、天涯孤独の身という方や、「家族が登山に反対していて、連絡したくない」という人はどうするべきか?という問題は残ります。

 

これは、「オープンなサービス」を作ればよい気はします。

あまり複雑なことは必要ないと思いますが。

登山日と下山日(中間報告日)を書いて、下山後1日以内に「下山チェック」をつける『掲示板』のようなサービスを作ることで解決できるのではないでしょうか?

 

JROあたりがやってくれれば、どちらの制度の認知度も上がるし、一石二鳥ではないかと思います。

 

登山計画は山レコとかに上げることにすれば、いろいろ捗るなぁ・・・。

正直このサイトでもこういうサービスは一度考えたのですが、認知度も低いですし、何より一人では運営できないので無理かなぁというのが感想です(通報.comみたいに「警察が勝手に見てくれる」とかになれば個人でもできますが)。

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

 

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
以下のAdSenseユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を掲載するという意味において、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

google_ad_slot = "6232020195"; google_ad_width = 336; google_ad_height = 280; //-->

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •