超初心者登山のもちもの【新三種の神器 (1)携帯電話(GPS)】

登山において特に大切な三種の神器(雨具・スポーツ用ウェア・ザック)についてはすでにお話しました。

 

今回は超初心者登山の装備のリストから次に説明が必要そうな装備3点を解説します。

新三種の神器は【通信器(携帯電話)、そして登山靴コンプレッションタイツ】です。

まずは携帯電話から!!!なお近年の携帯電話やスマートフォンは「GPSがほぼ標準搭載」なので、これは必ず使えるようにしましょう!!

 

~~~~~

<最長の射程を持つ近代登山装備 情報通信機器-携帯電話>

僕は携帯電話を「昔の携帯電話」と「スマートフォン」を2台持ちにしています、スマートフォンは防水の機種を選択しています。

僕は携帯電話を「昔の携帯電話」と「スマートフォン」を2台持ちにしています、スマートフォンは防水の機種を選択しています。

あなたの持つ道具の中で文句無く最長の距離を一瞬でうめてくれるツールが皆さんおなじみの携帯電話です!!!

一瞬で1000キロ離れた場所に自分の状況を伝えてくれます(見ているものや、聞いていること・・・・・・たとえば見えている山の角度から居る位置が概ねわかることもあります・・・・・・をリアルタイムに伝えることもテレビ電話機能を使えば可能です)。

 

携帯電話は単に「電話できる、メールできる、カメラになる」というだけでなく、「画像の保存や送信」また「地図の読み取り(読図)の補助」をしてくれる登山にはまさに最適なツールなのです。

 

携帯電話を使いこなすことが、あなたの山行における安全性を飛躍的に高め、緊急時においてもあなたを救うスーパースキルになります。

 

 0)キャリアの問題

……ですが、ひとつだけ問題があります、それが回線の会社(キャリア)による電波の強弱の話です。

端的に言ってSoftBankは登山には向きません、時折「山と渓谷」などの特集で「どの山小屋で、どのキャリアの電波が届くか?」みたいな記事がありますが、docomoとauは「ややdocomo優勢」というレベルの競争なのですが、SoftBankは「届く山小屋はあるんですか?」という状態です。

→具体的なレポート「山と渓谷の「山でつながる携帯電話」の記事がすごい!!」も参照

ただしGPS機能などは搭載されていますのでアプリを使いこなせばGPSとしては使うことができます。

 

1)電池をセーブ

携帯電話最大にして最悪の欠点は「電池がなくなると全く動かない」ということです。

※あと、意外と見落としがちですが、電子機器には「動作保障温度」があります、冬山などでは保温を考えないと動作しない場合があります。

 

したがって携帯電話の操作に習熟し、電池の消耗を最低限に抑える必要があります。

昔の携帯電話なら「セルフモード」、今の携帯電話=スマートフォンなら「機内モード」というような名前のモードにすると、携帯電話は今の5倍ぐらい電池が持つようになります。

このモードは飛行機の中などで携帯電話から電波を出さなくするモードです、ですから当然通話やメールはできなくなります。

しかし、カメラやGPSとしては使えますし、通話やメールをしたい場合はモードを切り替えればよいだけです、ほんの2秒ほどですし、電源を入り切りするよりも電池を使いません。

 

そして、予備のバッテリーを持てばより安心できます。

 

【スマートフォンの機内モード】

i Phoneの場合は「設定」からモードを切り替えます(iPhone8のあるバージョンからGPSは航空モードでも取得できるようになりました)。

 

それ以外のスマートフォン(Andoroid)の場合、電源ボタンをしばらく押すと「電源を切る」ボタンが画面に表示されますが、その上ぐらいに「機内モード」というボタンも表示されます。

左:設定画面での「電源OFFモード(機内モード)」の設定ボタン/右:アンドロイドの電源ボタン長押しで表示される「電源オプション」で表示される「機内モード」

モードの終了はオンにしたのと同じボタンを押せばオフになります。

 

【携帯電話のセルフモード】

設定がある場所は携帯電話によってまちまちですが基本的には「MENU>各種設定>***>セルフモード」という形で設定項目があります。

***はメーカーによって異なるようです、「ロック/セキュリティ」にある場合もあれば「通信設定」にある場合もあります、これはわからない場合はインターネットで検索するか、ショップに尋ねましょう、簡単に教えてくれるはずです。

少し手間はかかりますが、技術習得には自分の努力が欠かせません、ここはがんばりましょう!!!

ちなみに僕の持っているL-04Bでは「menu>Settings>発着信/通話機能>セルフモード」でした。

ちなみに僕の持っているL-04Bでは「menu>Settings>発着信/通話機能>セルフモード」でした。

ちなみに携帯の場合、操作にショートカットが設定されています。

これは、携帯の画面を見ていたら横に書いてあります、上の画像でいえばセルフモードのところは「4 セルフモード」と書いてあるのが見えると思います。

 

同じように「* Settings」「3 発着信/通話機能」のようにそれぞれの項目に数字の「1~9」か記号の「*#」が書かれています。

 

僕の携帯電話ではセルフモードに「menu>>3>4」と4つのボタンを押すだけでたどり着きます、最後に「設定しますか?」と聞かれるのでOKボタンを押します、つまり「menu>>3>4>OK」と押すとセルフモードをON/OFFができます、電話番号よりもはるかに短いので手で覚えましょう……少し手間はかかりますが、技術習得には(略)。

 

2)画像送信

皆さん携帯電話で写真を撮ることはできますよね?

次に必要なのは、写真をメールで送る技術です。

メール画面で「クリップマーク>画像>マイピクチャ(カメラ起動で新しく写真を撮るほうが簡単かもしれない)>カメラかmicroSDで撮影した画像を選ぶ」

メール画面で「クリップマーク>画像>マイピクチャ(カメラ起動で新しく写真を撮るほうが簡単かもしれない)>カメラかmicroSDで撮影した画像を選ぶ」

もちろん次の山に勧誘したい友達に送るというのも良い使い方ですが、道に迷ったときに、見える山や景色があると地元の人や警察の人は「これは、××の山で、この角度で見えてるから・・・・・・」という具合に送信者の大体の位置がわかることがあります。

 

メールを作成する画面でクリップのマークの欄にカーソルを運んでOKすると、添付する画像を選択する画面に進めます。

ただし、撮影した画像がどこに保存されるかは様々です、ショップか友達に聞いて、操作を覚えてください、日常訓練として頂上の写真を友達に送る癖をつけましょう、そうすれば山の友達も増えるかもしれないので一石二鳥です。

 

あ、ちなみにメールを送信するときは『機内モード(セルフモード)』をオフにしてください。

 

3)地図ソフトの導入

地図ソフトの詳しい使い方はまた別途記事を作成します。

a.Google MAP の利用法を身につけるのは非常に重要です。

Google MAPはGPSにも対応しており、たとえ道に迷っていても、自分がどの位置に立っているか概ねの位置を確認することができるからです。

 

ちなみに昔の携帯電話にも対応しています。(→googleの案内サイト)

(ちなみにGoogle Mapを利用するときは電波が必要なので、航空モードはOFFにしてください)

スマートフォンであれば地図アプリは標準で搭載されているはずです、家の周りなどでgoogle MAPの利用法を習得しておきましょう。

iPhone版のマニュアル動画

携帯電話だともっと操作はギコチナクなりますが、とりあえずは十分な機能があります。

 

b.山旅ロガー GarminなどのGPS専用機同様の「地形図利用+航跡ログ管理」をスマートフォンで可能にするのが山旅ロガー(+地図ロイド)です。

山旅ロガーはあらかじめ地図ロイドで「地図管理>地図取得」で地図をあらかじめダウンロードしておけば、利用中に回線に接続する必要もありません。

【ログ】GPSでの歩行ログもスマートフォンならアプリを入れれば殆どとれる。ルートラボへアップロードすると時速などのデータも見れて、友だちに送るのも簡単だ。

【ログ】GPSでの歩行ログもスマートフォンならアプリを入れれば殆どとれる。ルートラボへアップロードすると時速などのデータも見れて、友だちに送るのも簡単だ。

したがって事前に地図をダウンロードしておけば、航空モードでも利用することができます!!!(GPSのログを保存しておいてルートラボなどで後で見る分には地図を落としておく必要もありません)

ログにはルートの座標(地図上に線で示されます)と共に歩行速度なども残ります。

記録の参考例 比叡山山行 これは山旅ロガーのログを、共有メニューから単にルートラボへとアップしただけのものです。

 

○スマートフォン用の ソフト入手用リンク○

山旅ロガー 無料版 GOLD(300円) (+地図ロイド)

(iPhoneではZweisGPS /  DIY GPS などのソフトで行いますが、昔のGarminのようにカシミールと連携する必要があるので”直ぐに!簡単に!”というワケにはいきません)

無料版は制限としてログをしている途中には地図を見ることができませんので(後でログを確認して楽しむ分にはそれでも良いのですが)、1回300円払ってリアルタイムに位置を確認できるようにしたほうが良いと思います。

この優れたソフトウェア(地図は国土地理院やyahooの地図サービスから取得するので無料)への応援の意味もこめて。

 

~携帯電話の結論~

航空モード(セルフモード)の設定については習得必須。

可能なら補助バッテリーも持ちましょう。

画像の送信について身につけて、「メールでデータを送る」事を習得しましょう。

Google Mapを使えるようになり、読図の補助に使いましょう。

山旅ロガーを使うと、歩いたルートの実際の記録が残って記念になります。

 
 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!

 

【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •