速報「令和四年白馬岳山行おわる」蓮華温泉秘湯コース

そういうわけで、ひさしぶりの白馬岳へ、蓮華温泉からの「秘湯コース?」でした。

まあ、難しい事はないんですが、トレーニングが不足気味で大変でした、「復帰戦」では荷物は減らし気味で行きましょう!!

蓮華温泉「仙気の湯」景色も良い

初日は蓮華温泉ロッジ「温泉でマッタリ」という感じでした。

外湯は面白いですが、内湯はちゃんとした温泉宿のグレードでシャワーも出ます、食堂は山小屋的ですが、食事も「地の素材も入れてます」という感じで好感度が高いですね〜。

白馬山荘は相変わらず「お城のような威容」、スカイプラザはレストラン営業してませんでしたが、ええ感じでみんな歓談していました。

コロナ対策の影響で、各宿泊(雑魚寝?)スペースが仕切られていて安心して泊まる事ができるようになっています。

白馬山荘で一泊して下山、朝4時ごろの白馬岳山頂ではみんな「ご来光待ち」鈴なりになって待っていました。

僕たちは日のエネルギーを感じながら歩き5分ほど下ったあたりで日の出を見ることができました、天気もよく、富士山も見えてましたね!!

白馬のあたりは特に天候がかわりやすく、太陽が登ると海から雲が山へとカブってきます、朝食をとらない「早立ち」特に大切だと感じました。

この日も、前日の登りでも景色が良かったのは早朝だけでした。

このあとは蓮華温泉へ再度下山して大阪まで帰還!!やはり白馬は遠い!!

(自動車移動が7時間超えてきますから……関西からは厳しいですね)


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。


  • -

    「サイト運営をご支援ください!!」【登山記録のベストツール】
    360°カメラTHETAでみんなに「山の凄さ」を伝えよう。落下水濡れOKの3年保証も付けられるのでAmazonで僕は結局買っています。