• 【初めての方はこちらへ】「超初心者登山」「20000円からのスポーツサイクル」レベルで”初められる工夫”を楽しんでいます。
    CAMPSITE_QM150_3

     

    【Campsite7.jp NEWS!!】[Zoomの安全な設定ガイド]パスワードくらいはせめて設定しましょう!!

夏帽子「登山者の基本はハット、低山では100均の麦わらレースがおすすめ、保護帽を組み込めば防御力も○」

そういうわけで、登山用の帽子について!!

きちんとした山に行く場合はきちんとした防水ハット(上のはデカトロン=ケシュアのハット)があると雨具の代わりにもなり良いのですが、夏の低山(真夏の低山は暑すぎて僕はあまり歩きませんが、初夏と晩夏)には100均の「麦わら帽子」がおすすめです、やっぱり涼しい!!

レースというか麦わらというか、これはセリアのもので透けが多くありますが、この手の中折れ棒でも各社バリエーションがありますし、僕の好きな「100均テンガロンハット」なんかは目が詰まっていて、ツバも広いので日焼け対策には良いと思います。

【100均】他には「カウボーイハット」もある、シルエットはそちらのほうが美しい。

まあ、いろいろあるのでお好みのものを探してみてください。

【チロルテープをヘッドバンドで】

100均のこの手の帽子は「リボン」や「チロルテープ」といった風雅なものは基本ついていません。

もちろん「ユザワヤ」あたりにいって、好みのテープを買ってきてボンドか何かでつけても良いのですが、なかなかユザワヤまで行くのも面倒なので。最近伸縮するヘッドバンドを買ってきてつけています。

欠点は、油断すると「へな」っと崩れてしまうことですね。

また、登山にもっていく帽子には「保護帽」を組み込むことも考えましょう。

総制作費800円くらい。

普通の帽子なら「汗止め」に引っ掛ければOK、100均のものだと縫い付ける必要はありますが「ヘルメットより軽量涼しく、帽子よりも強い」という事で僕は北アルプスの多くの場所ではこのスタイルでうろうろしています(PCのサイトの右上のところにある僕の写真はまさにケシュアのハットに保護帽を入れたものをかぶった姿ですね)。

保護帽の「落下防止バンド付き」とかも買えるので数をまとめてミドリ安全のページで買うのがおすすめで、僕も数年に一回それで買い替えしています。→少量ならヨドバシが最安な気が

【雨対策はシャワーキャップで】

「メッシュだと涼しいかもしれないけど雨が抜けるじゃん」という事が気になる方は「シャワーキャップ」をどうぞ(ザザぶりでなく、小降りていどだと吸収されてしまうものですが)。

……はい、家にあった100均のものなので水玉ですが、透明のものやもっとガッチリしたもの(使い捨てじゃないもの)なんかもたくさんあるのでいろいろ探してみてください。


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •