コラム「梅雨の長雨で?この梅雨がっかりした2アイテム、自転車用ブレーキライトとアークタッチマウス」

また息の根が止まりそうになっていますが、なんとポスト‼︎

今年の梅雨は本当によく雨が降りますね、こういう時期だと家に山ほどある雨グッズは大活躍‼︎

 

ポンチョと野鳥の会長靴は最良の装備です。

ポンチョは登山用は登りで踏まないように「前垂れが短い」ので注意/野鳥の会長靴はさすがに実戦経験が生かされていて結構歩きやすい。

 

【自転車用ブレーキライトは雨に弱い】

と、同時にこの時期に残念な商品が二つ。

【残念な商品と非常に残念な商品】ブレーキライトとマウス

【残念な商品と非常に残念な商品】ブレーキライトとマウス

一つが「自転車用のブレーキライト」これ機能としては画期的なんだと思いますが今年の雨はけっこう「本降り」が続いたと思いますがこれが浸水に弱いという欠点が浮き上がってきました。

これ、外装が付いていて強そうな「デュオ」の方がより弱いという(開けてみるとパッキンが無い)結果になりました。
製品としては画期的ですが、日本では使い物になりませんね。

 

【マイクロソフトマウスは高いだけ】

あと、マイクロソフトの「アークタッチマウス」これがヒドい。

「あらゆる面で」高いだけのマイクロソフト「アークタッチマウス」と、実用的にはなんら問題無い「ビセンタ」

 

マウスのリアのソール(マウスの滑りをよくするプラスチックの2センチほどのパーツ)、カバンに入れていたら簡単に取れてしまった上に修理代がなんと「7000円」という力強いお言葉。

(どう考えても機能性部品にも関わらず「美観」部品なので保守対象外なのだそうです、マイクロソフトのデザイナーはこういう事を主張する事に怒らないのでしょうか?)

 

バカらしいので「不買運動を起こします‼︎」とだけ宣言をして筆を置きました(あ、これが初の活動)。

【平ら】重量も変わりません。

【平ら】重量も変わりません。

そして「ビセンタ」という安い折りたたみマウスを買ったらむしろこちらの方が良かった……アークタッチマウスは時折通信が切れたように数秒機能を停止するという挙動を繰り返していたがそれが無くなった……という結論で二度ガッカリ、マイクロソフトトラックボールは愛用していますがマウスは二度と買いません‼︎

 

(ただし、ブルートゥースの省電力機能を無効にしないと、すぐにマウスやキーボードが切れてしまうという現象は組み合わせで起こりますのでご注意を)

 

……とりあえず、マイクロソフトのマウス事業に死を‼︎w

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •