雑記「写真を写真立てに入れる」…普通やん「¥600から始まる贈り物の作り方」

そんなわけで、写真を写真立てに入れる話。

普通(笑)ですね。

ポイントは「折り畳みの写真立ては意外と安い(¥500~)」「写真の印刷はコンビニで簡単」というところです。

【写真立ては意外と安い(¥500~)】

基本的には写真のやり取りはスマホアプリのLINEみてねで行われていると思います。

スマホ乗り換え.comのキャッシュバックキャンペーンは激しい還元率です。

スマートフォンのような新しいものに触れるのは認知症を避けるためにも重要な経験ですが(若年でも新しいことを避けると若ボケするらしいのでスマホばかり見ているなら簡単な工作も役に立つでしょう)、特に節目になるようなイベントの写真はこういう「モニュメント」にすることも良いものでしょう。

上の写真立ては500~1000円ほどです(これが高いと思う程度の思い出なら写真立てはあきらめたほうが良いと思います)、ついでに言えば写真プリントは1枚40円、二枚で80円です。

素材感は悪くないので、ポイントは「良い写真を選ぶこと」「写真にあった写真立てを選ぶこと」が重要です。

【L版はどこでも、2Lはローソン・ファミマの新型コピー機】

写真は基本はL版(普通の写真サイズ89×127㎜)ですが「2L」というラージ版(L2枚分の大きさ127×178㎜)もあります。

L版はすべてのセブンイレブンで印刷できるので便利です(1枚40円)、2L版はローソンかファミマの新型複合機が入っている店舗で1枚80円です。

ローソンは新型複合機の入っている店舗の情報がまとまっていますし、ネットワークプリントアプリを使うと近所のコンビニの複合機の機能(はがき×バツとかだと旧型)を教えてくれます。

紹介しているHAKUBAの2Lは枠の紙を90度ひねれば縦の写真でも横の写真でも飾ることができます。

フォトフレーム 2面」「3面」「時計」なんて感じで検索するといろんなフレームが見つかります。

まあ、ただ自分たちの写真の写真立ては贈り物としては重いので、贈る相手は親族、親友など特にちかしい人「親のつく相手」に限定したほうが良いでしょう。

人に贈る場合は「相手の写真」を入れて贈ってあげるとまあ気に入ればもちろん、気に入らなくても相手も好きなように処分できますからよろしいかと思います。


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •