• 【Google広告】

【石垣島動転2018】石垣島から一番近い離島「竹富島」

そういうわけで、石垣島から一番近い離島「竹富島」へ渡った話をさせて頂きます。

竹富島はNHKの連ドラ「ちゅらさん」では小浜島から「向こうの島」として見えていた島です。

【至近の島へ】(特に竹富島からは)肉眼で見える距離。

竹富島は石垣島から船で15分、非常に近いためほぼ30分間隔で夕方(17:45ごろ)まで往来ができます。

 

水牛観光が盛んで集落の中を定期的に「水牛車」が運行されています(自転車で走ってるとひかれそうで怖い事もあります)。

【竹富島東港】西桟橋は今はただの観光スポットになっている。

港から集落の中心地までがすこし遠いので何らかの「バス」に乗る必要があります、「レンタサイクル」や「水牛車」などの会社が船が停泊するタイミングで港の前につけていますので適当に選んで乗れば良いでしょう。

【竹富情報】定期船の待合室で情報提供もあります。

僕たちは@runno1kacさんの運営するレンタサイクル会社まで歩きました。

【KACCHARIN】かっちゃんのレンタサイクル

 

【集落内の探検】

【竹富島郵便局】

探検というほどでは無かったのですが限られた時間で島内を回ってみました。

@runno1kacさんのレンタサイクルから集落まですこし上り坂を自転車で漕いでまずは「かにふ」という観光レストランに。

【かにふ】代表的な観光レストラン、広くてきれい

料理は「天ぷらが多い」という観光レストランっぽい(個人的イメージです……調理が楽だしね)のですが広くて綺麗なので後悔させません。

【かにふ】スタンダードなメニューと名産品が食べられる(やや高め)

 

そばを食べた後は「たきどぅん」と「あか山丘」を回ってから海のほうへと出ました。

【水牛車】アイスキャンディーで有名なたきどぅんの前に通りがかると向こうから水牛車がやってきた。

「あか山丘」は下のような感じで「展望台」があるのですがトラブルがあったらしく登るのは禁止されています。

【あか山丘】展望台は立ち入り禁止に。

【丘の上からの景色】台に登れなくてもこの程度には景色が見えます。

 

【海と外周道路】

集落内は白い砂の道なのですが島内を周回している道路はだいたいは舗装されています。

まずは「西桟橋」へ、静かな感じで良い感じの場所でした。

コンドイ浜も見えます。

【西桟橋】美しい海が楽しめる。

次に行ったのは「コンドイ浜」美しく広い砂浜で人気なのもよくわかります。

浜から見ると遠方に「石垣島本島」も見えます。

【コンドイ浜】広い広い砂浜で観光客も沢山いてましたが、人気なのも納得のロケーションでした。

最後に「星の砂」のとれる浜へ、岩場も多く、なぜかバスが大量に停まっていて狭いところに人も多かったのであまり良い印象がありませんが、探せば「星の砂」が拾えます。

【星の砂】このビーチはまあ「星の砂」が現地で買いたければという感じかな?

 

集落の中は砂の道なうえに小さな丘がいくつかあるので自転車で走りづらかったのですが、外周道路は結構快適に走ることができました!!(道を間違えて一度戻りすぎてますが!!)

【日常的な道】外周道路からしか見えない場所もある(黒牛が多く飼われている)。

【お店紹介-ちろりん村】

最終的には集落の南にある「ちろりん村」でジンリッキーを。

シークワーサーが入っていてなかなか良い感じでした。

【チロリン村】良い感じでしょう?名前は枚方にあった屋台村と同じ名前ですが(笑)

このチロリン村、バーで夜中まで飲んでいると最終的に船(スタッフ用の送迎船)で石垣まで送ってくれるらしいです。

 

最終的には再度外周道路へ出て「星野リゾート」なんかを眺めながら再び@runno1kacさんのレンタサイクルへ、時間がオーバーしていたらそこにある貯金箱みたいなやつに追加料金を入れて帰ればOKです!!

 

この日は日帰りしましたが、一泊してみても良い「近くて美しい」島でした。

ルートなんかはこんな感じ!!


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •