コラム「カメラキャリーシステム」を学ぶ

天神祭の戦訓からカメラのキャリーシステムを勉強してみました。

holder

 

カメラのキャリーシステムのキモは「持ち歩きのホルダー」が柔軟な撮影を可能とする「着脱機能」やストラップと組み合わせて「自由で安全」な仕組みを提供するところにあります。

 

そして、ザックリ言うと以下の組み合わせが「一つの回答」です。

 

スライド式の「キャッチ」と「ホルダー」そして「ストラップ」柔軟に「固定」や「保持」を切り替えることができます。

 

キャッチはほとんどのベルトや肩ストラップに柔軟に取り付けする事ができます。

 
落下を防止に特化したストラップも。

 

ワンハンドでの固定を補強するストラップと、上のシステムと同じ「PEAK DESGIN」のストラップ。

strap

柔軟に「付け外し」ができるシステムが整っています。

何処までを揃えるかは考え方ですが、「機材」と「決定的瞬間」の価値をどう考えるかでしょうね。

 

【汎用的なキャッチ】

このシステムだけではありませんが、キャリーシステムでは「三脚用のネジ穴」を活用するので様々な機器が取り付け可能です。

61Y0eFMl+TL._SL1000_

段階的になるかもしれませんが揃えていこうと思います。


決定的な瞬間は二度と無い‼︎

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •