コラム「No Music,No Life.No Cycling…」 英国で耳を塞がないサイクリング用ヘッドフォンが試作

まだ疲れていますので、ちょっとした話題を。

 

Wired.jpでも取り上げられていましたがイギリスの「Royal College of Art(王立アート大学)」のデザイナー Gemma Roperがサイクリスト向けの「骨伝導ヘッドフォン」のプロトタイプをデザインしちょっとした話題になっています。

【美しい提案】骨伝道自体は「新しい」技術ではないが、SNS時代ではこういう美しい提案は大きな価値を持つ。

【美しい提案】骨伝道自体は「新しい」技術ではないが、SNS時代ではこういう美しい提案は大きな価値を持つ。

【ミニマム】耳の上についている「小さなボッチ」がスピーカー

【ミニマム】耳の上についている「小さなボッチ」がスピーカー

本来骨伝導スピーカーは写真のように「左右に一つづつ(一対)」にするのではなく「二つづつ」にすることで音を良くするのが普通ですが今回は着脱という都合から「一対式」が採用されています(実際のテストで二対だと「利用率が下がる」のだとか)。

 

このアイデアの面白いのはつまり「顎紐型スピーカー」という道を開いたことで(これなら二対式でいけるでしょう)、これは「すべての現場作業者」にも福音になるかもしれません(喉から直接音を拾うマイクもセットにすれば良いわけです)。

 

枯れた技術を、「少し考えを変える」だけでもまったく違う製品が生まれる、まさに「イノベーション」の好例であると思います。

 

ちなみに盛田昭夫(この連載も終了です)によるとイノベーションの先にある「インダストリアル(工業化)」はもっと高度な概念で、「1)発明・新規技術の発見というクリエイティビティ」「2)イノベーション(プロダクトプランニングとプロダクションのクリエイティビティー)」そして「3)マーケティングのクリエイティビティ」の三つのクリエイティビティが連動する必要があると指摘していたそうです。

 

この製品も「三つのクリエイティビティ」に恵まれたらいいなと思っています。

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •