20K自転車のオプション「ついに『ハブダイナモでスマートフォンを充電できる』時代へ」

「ついに」というか「あたりまえ」というのかはわかりませんが!

ついに!「自転車のハブダイナモ」からスマートフォンを充電できるキット」が出始めました!

(まあ僕が気づいたのが今日というだけですが)

 

【Tern(BioLogic) ReeChage Kit】

【キット】ダイナモに追加して「ダイナモキット(変圧ケーブル)+バッテリー(付きケース)」が必要。

【キット】ダイナモに追加して「ダイナモキット(変圧ケーブル)+バッテリー(付きケース)」が必要、公式サイトではセットで15000円

TernはDAHONのスピンアウト企業ですが最近は「新興勢力」の力強さで様々な製品展開をしています。

BioLogicはTernの展開する「サイクルギア」ブランドです。

 

【ハブダイナモ充電ケース】

このTernからこういう製品が出てくるのはある種象徴的ですが、技術的には簡単で「ハブダイナモの出力(6V)」を「充電電圧(5v)」に変圧するデバイスと、電圧変動を無くすために「バッテリー」を中間に挟んで「スマートフォン」を充電する仕組みになっています。

 

【ハブでバッテリー充電】仕組みは簡単、電気知識がある人なら自作できる程度のキットだ。

【ハブでバッテリー充電】仕組みは簡単、電気知識がある人なら自作できる程度のキットだ。

上のデバイスは「保護ケース+iPhone専用バッテリー付きケース」ですが「USBバッテリー」もありこれなら「Andoroid」だけでなく「デジカメも充電可能」とうたわれています。

 

【Ingressとタイアップ?】

「移動するゲーム」である「Ingress」とタイアップしているのか、面白いところです。

【イングレス】この記事を読んで「やってもいいかな」と思っているw

【イングレス】松浦さんの新モビリティビジョンでも取り上げられていた「運動不足を解消する」ゲーム

このキャンペーンが成功するかどうかはわかりませんが、「新興勢力」の力を感じるキャンペーンですね!!

下の画像はアサヒ自転車のサイトからですがこの「Tern P9L」に「ReeChage」オプションをつけるのがTernの推奨のようです。

【イングレスに最適!!】公式ブログにも記事が(なぜか画像が半分以上飛んでるけど)。

【イングレスに最適!!】Tern公式ブログにも記事が(なぜか画像が半分以上飛んでるけど)。

 

実際の商品の購入は、iPhoneならあさひ自転車で「バッテリー付きケース」「ケースホルダー」「変圧ケーブル」を購入するのが安く上がるでしょう。

 

「ハブダイナモ」が前提ですが発電という意味だけなら上の「バッテリーキット」が、すでに持っている「バッテリー」を充電できる「ダイナモ」も面白いですね!!

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •