• 【Google広告】

Campsite超初心者向け登山イベント「旭日の木曽駒ケ岳」2日目

前日は宝剣岳山荘まで到着、宿泊し。

二日目は夜明けからの行動を開始しました。
前日は全員疲れていたこともあり夕食を終えた後18時には就寝し、4時10分には起床(とはいえそれで10時間以上寝たことになります)。

 

宝剣山荘は布団もよく、気持ちよく寝ることができました。

 

『行動の実績』

【ロープウェーでも】楽しめる、中央に見える飛び出した山は富士山だ。

【ロープウェーでも】楽しめる、中央に見える飛び出した山は富士山だ。

21日

04:30 出発
05:20 木曽駒ケ岳山頂(推定ではご来光)

07:00 【追加】朝食

08:00 千畳敷
08:30 ロープウェイ「千畳敷駅」乗車>08:37「しらび平駅」下車
09:00「バスセンター又は黒川平駐車場」着

14:00「大阪着」

時間は実績値(計画はこちら)

 

【夜明けの出撃】

【夜明け前】月とその上に見える小さな輝点は"木星"、地平線は夜明けの光があがってきた。

【夜明け前】月とその上に見える小さな輝点は”木星”、地平線は夜明けの光があがってきた。

宝剣山荘を4時30分ごろに出発し、道を進みました。

 

上の「軌跡」の「まずは北へと進んでいる」部分がそれです。

太陽の光が見え始めると、ライトなしでも歩くことができます。

中岳を越えて(といっても宝剣山荘から出ると丘程度です)、木曽駒ケ岳山頂を目指します。

【中岳山頂から頂上山荘】ルート上には御来光を見るために歩いているヒトのライトも見える。

【中岳山頂から頂上山荘】ルート上には御来光を見るために歩いているヒトのライトも見える。

山頂に到達すると(5時20分ごろ)すでにたくさんの人がスタンバイしていました。

【山頂】すでに数グループが太陽を待っていた。

【山頂】すでに数グループが太陽を待っていた。

5時35分ごろ、御来光。

すでに紹介しているので繰り返しはしませんが、スター(というかサン)の登場にみんないっせいに写真を撮っていました。

 

【木曽駒ケ岳下山】

【振り返りながらの下山】どんどん太陽の力が強くなっていきます。

【振り返りながらの下山】どんどん太陽の力が強くなっていきます。

名残を惜しみつつ下山し宝剣山荘では、軽い朝食(インスタントラーメン)を分け合って摂りました。

【山歩】快適な山上のトレッキング

【山歩】快適な山上のトレッキング

7時過ぎに千畳敷へ下山を開始しましたが、すでに「始発のロープウェイ」に乗った『登りグループ』が上がってきて、渋滞しています。

 

ゆっくりと下山をしていきます。

【ゆっくりと下山】傾斜が急で、人間が多いので「落石を起こす」と致命的な結果になりかねない。

【ゆっくりと下山】傾斜が急で、人間が多いので「落石を起こす」と致命的な結果になりかねない。

 

【美しい千畳敷】と、宝剣山荘への登り口、矢印の入れてある部分を上がる。

【美しい千畳敷】と、宝剣山荘への登り口、矢印の入れてある部分を上がる。

 

幸いにして、この日は事故もなく。
無事に下山をすることができました。
雨に祟られた2014年最後に、最良の2日間でした。

【秋晴れ】昨日歩いた「稜線」もクッキリと見える。

【秋晴れ】昨日歩いた「稜線」もクッキリと見える。

 

 


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •