2013年登山ルート報告『北アルプスは豪雪の影響で荒れ模様、涸沢=北穂高もコースタイム+1時間』

そういうわけで、今年はなぜか北アルプスにやたらめったら行きましたが、9月まではまだまだ行かれる方もおられると思うのでご報告します。

蝶が岳と南岳のルート、崩れた箇所が多く、そうでなくても路面上に砂や小石がカブっていて一歩一歩が疲れる。

蝶が岳と南岳のルート、崩れた箇所が多く、そうでなくても路面上に砂や小石がカブっていて一歩一歩が疲れる。

前回からチラチラとお話をしていましたが、北アルプス全域が今年の豪雪でルートが大きく乱れています。

特に、『涸沢=北穂高』はコースタイムに+0.5~1時間乗っけておいたほうが良いような状況です。

北穂高までの道は、特に南陵取り付きよりも下の道で激しい。登りなら、「登り始め」がシンドイということ。

北穂高までの道の損耗は、特に南陵取り付きよりも下の道で激しい。登りなら、「登り始め」がシンドイということ。

 

今回はメンバーも多く、初心者も入っていましたからより路面の影響を受けましたが、ベテランでも「何かシンドイ」という印象を受けるのではないでしょうか?

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •