雑記「中華LEGOブロックを買ってみた」

そういうわけで、「中華」……「中華焚火台」とかいうと大体は源流になった日本や欧米韓の製品をコピーした「安物」という印象がありましたが、アウトドア系では最近は「オリジナル製品をアップデート」して品質的にも劣らないモノが出てきつつあります。

LEGOブロックというと怒られてしまうかもしれませんが(もちろん本家のほうが安心で様々なバリエーション商品があります)、購入したのは互換品で本家LEGOとも相互に接続できます。

【精度は低くない】

ご覧のように精度は低くありません、ざっと見て「明らかにボロいブロック」はありませんでした。

気になるのは「ハマると固い」ってところでしょうか?

昔は本家LEGOブロックでも「取れずのブロック」になるものがたまにありましたが今は無いのかな?

……ま、そういう意味では30年前のLEGOブロックくらいの精度は出ている気がします(笑)

当然「LEGO」のロゴはない。

【ボリューム満点でベース拡大に良い】

上で紹介したセットは「シンプルなブロックのみ」の1000ピースセットで特殊なパーツ(タイヤ・ドア・窓)は1セットしかありません、上の写真の右のところに映っている分だけです。

1000ブロックのセットはちょうど「靴の箱に一杯」という量でした。

個人的には「あと二セットくらいは買ってもよいかな?」と思っています。

誕生日プレゼントのつもりでしたが……こういうものが届くとまず大人が真剣になります(笑)


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •