「自分を変える最高の食事」バターコーヒーとダイエットの関係性

自分を変える最高の食事」という本で紹介されているバターコーヒー(一つ前の記事で紹介した作り方)とダイエットについてもう少しだけ補足しておきます。

 

まず、この本のメソッドは簡単に言えば二つのメソッドから成り立っています。

 

それは「原始食(パレオダイエット)」と同じように「アレルゲン(生物農薬を含む)」の排除によるパフォーマンスアップ(食品の選定方法についての調査法が示されているのが違い?)。

 

そして「1日15時間断食」によるダイエットの二つです(それを実現し、かつビジネスパフォーマンスを下げないためにバターコーヒーを使えという所が違うポイントです。

【前回紹介したセット】バターはカッターで切り、ココナツオイルは製氷皿で。

【前回紹介したセット】バターはカッターで切り、ココナツオイルは製氷皿で。

僕が知っている原始食と少し違うのは、「夜には少し炭水化物を取ろう(睡眠の質が上がる)」「朝に食べると太る」というタイミングの制御が重視されている事です。

 

これはケトーシス状態のコントロールという意図もあってのことです。

 

ちなみに「糖質制限をしてる人は白米を食べない、魔女狩りの信徒だ‼︎」というのは錯覚でこの本のでも「白米や芋は完全無欠(一般的なアレルゲンを含まない)」と評価されています。

ちなみにケトーシス状態とはまさに「エネルギー不足で体内の脂肪やたんぱく質を分解している状態」です。

 

糖質制限アンチの信徒の方々は「ケトーシス状態が行き過ぎると体調が悪くなる、身体が臭くなる」などと言いますが(これは事実です、飢餓状態が「続けば」そうなるでしょう)、逆に口から常に炭水化物を食べて「口からのエネルギーが尽きない」状態ではいくら運動しても痩せません。

 

そこで「脳に危機感を感じさせず」「身体を飢餓状態に(1日最大18時間置く)」という『コントロールされたケトーシス状態』を作るツールが「バターコーヒー」です。

 

ちなみに炭水化物の食べ方ですが、糖質「制限」ではどのやり方でもだいたい「1日1回少しだけ食べる」事になっていますので、白米をまったく食べないのではありません。

 

みなさんの前つまり「昼の定食屋で訳のわからない糖分(炭水化物)」を摂って貴重な機会を失うのが嫌なので、昼は炭水化物を避け、夜に家で「最高の白米を少しだけ」食べているのです‼︎(多分)

 

まあ、実際にランチ(昼の定食)を見回せば白米を避けても、付け合わせのスパゲティサラダや、中華餡のトロミ付けの片栗粉、揚げ物の衣まで、

 

「満足感(腹がパンパンだ‼︎)」を演出するために炭水化物は多様されていますので白米だけを抜いても「良くて現状維持」という事になってしまうのですが。

 

僕自身も「まあダイエットは目的じゃないし…」という感じで白米を減らしできるだけ「増量剤(炭水化物)」を避けるメニューを選ぶだけで、衣を剥いだりもしませんのでそういう意味では中途半端です、信心が足りません(笑)

 

【バターコーヒーを効率的に楽しむ方法】

ダイエットを本格的にするなら「15時間以上無糖」「炭水化物は夜少し」そして「朝はバターコーヒー」を徹底して下さい(笑)まあここではバターコーヒーを効率的に楽しむ工夫?経験?をお伝えします。

 

まずは初めの写真のように油脂類はブロックにすると楽な気がしています。

バターはカッター付きケースでカットして収納し、ココナッツオイルは湯煎で溶かして製氷皿に入れて固めます。

 

前回紹介したステンレスフィルターはカップの上でドリップできるので楽です、まあ別にインスタントでも良いと思いますが、安すぎるインスタントは「カビ毒」が濃縮されている可能性があるので避けようという説明がされています。

 

僕も個人的に思い当たるフシがあるのと、JAS承認のインスタントコーヒーは「確かに美味しい」のでそちらにしています。

【撹拌】量は半分くらいにしましょう。

【撹拌】量は半分くらいにしましょう。

ホイップは電動撹拌器で‼︎

コーヒーの量はカップの半分までにして、撹拌器は「浅く」いれて混ぜましょう。

 

コーヒーの量が多すぎたり、深く挿して混ぜるとカップから「コースアウト」してしまいます。ご注意を。

 

【石垣島のおみやげと共に】

【石垣島のおみやげと共に】

今朝は豆から入れました‼︎
みなさんも良い1日を‼︎

 

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •