【最先端の素材はアウトドアウェアから】鋼鉄の5倍の強度を持つ「クモノス」素材のウェアがついに実現【North Face Moon Parka】

そういうわけで二年ほど前に日本のベンチャー企業「Spiber(設立は2007年)」が実現していた新素材「QMONOS(クモノス)」のウェアがついに一般にもリリースされそうです。

【2013年】QUMONOSの発表会(全国郷土紙連合)

【2013年】QUMONOSの発表会(全国郷土紙連合)

 

【蜘蛛の糸の強靭さ】

昔から蜘蛛の糸の強さは喧伝されてきました(実際の話で同じ太さであれば鋼鉄の5倍の強さ、それでいて1.5倍まで伸び縮みする柔軟性で「伸び縮みするケブラー」というような性質を持っています)、今までは「コスト」の問題もあり「実験」レベル以外ではこの「強靭な糸」が利用されることはありませんでした。

【蜘蛛布】コガネグモの吐き出す糸を集め、4年の歳月をかけて作られた布(Wired)

【蜘蛛布】コガネグモの吐き出す糸を集め、4年の歳月をかけて作られた布(Wired)

 

1990年代に米軍やNASAは研究レベルでは実現したという情報もありますが、その後は不明(量産ベースには載せれなかったのだと思います)。

 

高分子技術と遺伝子組み換え技術を凝らし「高品位の蜘蛛の糸を生産できる生体プラント」が実現したことでついに量産化に成功しました(蜘蛛の糸を作るのは遺伝子組み換えされた微生物です)。

【工業的ラインから製造された初の製品】量産への目途は立ったようです。

【工業的ラインから製造された初の製品】量産への目途は立ったようです。

 

【期待できる久々の未来素材】

ちなみにこういった生物由来の「タンパク質ベースの素材(原料に石油は必要なし)」というと代表的には「羊毛」「絹」があります。

アウトドアではおなじみの羊毛の持つ優れた性質「強靭性、耐火性、速乾性、防寒性」を考えると「単にアウトドア向けの新素材」としてのクモノスにもかなり期待ができそうです。

それだけでなく「蜘蛛の糸」に「カーボンナノチューブ」を添加すると強度がさら(3.7倍!!)に向上するという実験も行われています

 

まさに「世界を変える素材」になりうるポテンシャルを感じます。

【MoonShot】NASAが月面に降り立って「MoonShot」は世迷い事では無くなった。

【MoonShot】NASAが月面に降り立って「MoonShot」は世迷い事では無くなった。

高機能新素材というと「地味」な感じもしますが、「ゴアテックス」のように『世界を塗り替えた素材』になる可能性もあります。

今回ノースフェイスで製品は試作されましたが、スパイバー社はゴールドウイン(こちらも日本の会社)とパートナーシップを取っています。

 

この「Moon Parka」の登場は2016年予告されています。

日本発の新素材に期待しましょう!! …でもこれいくらで出てくるのかな?

 

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •