【紐使い】応用形No.2 ハードな立体を作る〜その2「すじかい縛り」〜

前回は「はさみ縛り」で三脚を作りました。

【横に棒を入れる】筋交いは立体物には必須。

【横に棒を入れる】筋交いは立体物には必須。

ただしそれだけでは「立体」は安定しませんから更に一本棒を入れます。

「筋交い」です。

 

【筋交い縛りもスタートはネジリ結び】

もはやおなじみになってきました「ネジリ結び」で結び始めます(巻結びでやる人もいますが)。

【左上から】ねじり結びと同じ方向(ヨコ)に3回ほど巻いて、次にタテに3回ほど巻きます。 左下の写真で「ワリ」を入れて最後右下の写真「巻結び」で終了です。

【左上から】ねじり結びと同じ方向(ヨコ)に3回ほど巻いて、次にタテに3回ほど巻きます。
左下の写真で「ワリ」を入れて最後右下の写真「巻結び」で終了

組み合わせる二本の棒を「ねじり結び」で巻きつけます。そのまま「クルクル」と3周ほど巻、次に「タテ」を3回ほど巻きましょう。

 

「棒と棒の隙間」のロープをぐるりと一巻きして締めます(ワリ)。

そして最後に「巻結び」で終了になります。

【巻結び】巻結びは「強く引ききらない限り」締まらないのでこういう「縛り」の最後に向いている。

【巻結び】巻結びは「強く引ききらない限り」締まらないので調整も効きこういう「縛り」の最後に向いている。

 

【3本をつなぎ「三角錐」にすればかなりの強度に】

【筋交い】筋交いは「片側が上なら片側は下」と組む

【筋交い】筋交いは「片側が上なら片側は下」と組む

ちょっと手抜きですが、これを6ヶ所で結べば完成になります。

きっちりと締めれば人間を載せることも出来ます。

 

三角形はこのように単純に形を作れば「強固に」なりますが、「カクシバリ」なんかで四角(立方体)を作った場合にはこれにさらに「ナナメ」の棒をこの「筋交い縛り」で入れます。

一般的にはこの「斜めに入った柱」を『すじかい(筋交い)』と言います。

【筋交い】建設用語集様より。

【筋交い】建設用語集様より。

 

 


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •