【紐使い】No.5 『普通』の「一結び」とパワーアップ版「八の字結び」

もっとも基本的な「一結び」の扱いについて悩んでいましたが、「八の字結び」とセットでご説明することにしましょう。

・・・いや、説明と言ってもあれですが。

 

【基本の「一結び=普通の結び」と「八の字結び」】

「一結び」と言われるとむしろわかりにくくなりますが「ヒモを結んでくれ」と言われてとりあえず結ぶとしたら「一結び」という普通の結びになります。

【一結び】と「カウノット」の二つは「名前がついていること自体に驚く」ほど普通の結び方

【一結び】と「カウノット」の二つは「名前がついていること自体に驚く」ほど普通の結び方

これを二回結べば「カタ結び(本結び)」という事になりより強固な結びとなります(タテ結びにならないようにしましょう)。

【本結び】「タテ結び」になっていなければ結び目は十分な強度を持つ、本結びやちょうちょ結びはかなり万能な結び方だ。

【本結び】「タテ結び」になっていなければ結び目は十分な強度を持つ、本結びやちょうちょ結びはかなり万能な結び方だ。

さて、テグス結びのパーツにもなるこの「一結び」ですが、これには「パワーアップ版」とも言える「八の字結び」という結びもあります。

【八の字結び】やや大きく、強い結び目がつくれる。

【八の字結び】やや大きく、強い結び目がつくれる。

 

【ループ作りにも使える基本的な結び】

これまた「説明と言ってもあれ」ですが、一結びを折りたたんだヒモですると「ヒモの途中にループ」を作る事ができます。

【よくやりますよね】二重一結び(?)。

【よくやりますよね】二重一結び(?)。

ランプなどを吊り下げるのにも「十分使える」結びですね。

普通に考えればこれで十分なのですが、結び目を強くしたい場合これを「八の字結び」にすればより強くなります。

【ダブルエイトノット】二重八の字結び、山岳登攀の教本にも出てくる「ループ」のつくり方だ。

【ダブルエイトノット】二重八の字結び、山岳登攀の教本にも出てくる「ループ」のつくり方だ。

釣り糸途中に仕掛けを付ける「ループ」を作るのにも使う結び方です。

ナイロン糸のような「摩擦の小さな」糸でも結び目が緩まないのが使われる理由です、ちなみにナイロン糸は結びを「締める」時に(つば等で)少し湿らせると、摩擦熱による糸の劣化が防げますよ。

 

 

 

期間限定「インフルエンザ対策ストア」バナー

 


人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントは停止中です。

  •