【速報】秋に始める登山の道具【ザックとパンツとレインウェア】

秋は「始める」のに適したシーズンです。

今年は急に冷えてしまいましたので「高山」に行くのは控えたほうが良さそうですが、低山のトレッキング、サイクリングには快適季節になりました。

【高山ではすでに秋】先月の立山はすでに秋の装いが始まっていました。

【高山ではすでに秋】先月の立山はすでに秋の装いが始まっていました。

そこで基本的な装備について「今買うならこの商品」というものをとりあえず選んでみました。

登山装備の一覧表はこちら、自転車の装備としてはハイキングの装備に追加して「チューブ」「パンク修理セット」「空気入れ」があればとりあえず良いと思います。

 

【ザック・バックパック】

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) TELLUS 33ノースフェイスは今年も諸々新製品を送り出していますが、手頃な価格での商品が増えているのも特徴。このザックも必要な容量、装備を備えながら低価格です。

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) W TELLUS 30 Women’s同上の商品の女性向け、カラーは選べます、こうしてみるとメンズが如何にお買い得かわかりますね。

容量としてはこの30Lぐらいが登山にも、自転車にも使いやすいサイズです。

とりあえず必要なものはすべて入る「ノマド感」は最良なものです。

 

しつこく書きますがポイントは「腰ベルトをきちんと使うこと」「ベルト類の調整をきちんとすること」です。

【腰ベルトが大切】ベルトがないと、全ての重量が『腰』に来ます。

【腰ベルトが大切】ベルトがないと、全ての重量が『腰』に来ます。

本来ならザックも靴同様に体に合わせて買うと良いのですが、(例えば家にある大きなリュックを使う場合にも)調整することで多くの問題は解決されます。

【調整】基本は「ザックの上部」に重量を集める(下のヒモを締めて上に荷物を移し、水なども上部に)、腰のベルトを締め、肩、腰に重量を分散する。

【調整】基本は「ザックの上部」に重量を集める(下のヒモを締めて上に荷物を移し、水なども上部に)、腰のベルトを締め、肩、腰に重量を分散する。

上の写真は「家にあったリュックで腰にベルトのあったものを使う」という感じですが「上部に荷重を集め」「ベルトを調整」したことでかなりまとまって来ました。

 

荷重を上部に集めるのは歩くときに「前傾」することで体の中心に重量を持ってこれるようにするためです。

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) CINDER PACK 32これは値段的にも妙味があり機能も面白い、本来はロッククライミングなどでツールを運ぶためのザックだが「自立機能」などがある、ただしワクがしっかりしているので物によっては入れづらい。

ちなみに大雨では「ザックカバー」をしていてもザックは濡れますので、中の物は「スタッフバッグ」や「ビニール袋(ジップロック)」に入れておきましょう。

 

【ウェア(パンツ・ベースレイヤ)】

このサイトでは「ユニクロ(g.u.)」登山をオススメしていますからウェアとして「全部専門の道具を買いましょう」というポジションはとりません、ただし山で使う「アクティブウェア」には「綿とレーヨン」が入っていない事を必ず確認しましょう。

【ドライストレッチパンツ】ゴルフはやはり「アウトドア」なので機能は揃っているが…。

【ドライストレッチパンツ】ゴルフはやはり「アウトドア」なので機能は揃っているが…。

…で、そうなるとユニクロ系のパンツは「フットサル用ジャージかドライストレッチパンツ」くらいしか選択肢が無くなってしまいます。

登山におけるパンツはユニクロ系の欠点になります(自転車ならフットサル用のジャージが丁度良いと思います、まあもちろんレーシングパンツには敵いませんが十分に運動性があり、快適です)。

 

『パンツはアウトドアメーカーで買う事に…』

フェニックスは日本のアウトドアメーカーでは老舗で、ソツのないウェアが多くブランドプライスが無いのでオススメできます。

 

あと、シャツ(ベースレイヤ・肌着)はドライEXのポロ、g.u.スポーツのシャツなどまあまあ選択肢があるのですが、ユニクロは「スポーツ=半袖」という明快なテーゼ?に貫かれているので、特に下半身のベースレイヤ(タイツ)はスポーツ系のものを買うことになります。

 

簡単にオススメするならSKINSですし、日本のスポーツメーカーの価格が安いものでも十分な性能はありますからこの辺りから選びましょう(CW-Xだとかの補正機能はとりあえずナシ…必要な補正が何か判断できないのに買っても仕方ないからです)。

 

【定例セール】Amazonのタイムセールは信用してはいけませんが、この手のセールはなかなかです、対象商品二点をカートに入れてクーポンコード「201510SP15」

【定例セール】Amazonのタイムセールは信用してはいけませんが、この手のセールはなかなかです、対象商品二点をカートに入れてクーポンコード「201510SP15」

Amazonでは10/22まで「スポーツウェア2点合わせ買いで15%OFFセール」開催中なのでこちらでまとめて買っても良いかも!!

先月このページで紹介した商品(シューズ・ウェア)とこのページで紹介した商品(ザック)もセールの対象になっていたので参考にしてください。

 

【レインウェア】

レインウェアだけは「命に関わる」ので「良い物を買え、ゴアテックスだ」となりがちです。

まずはその線でご紹介します。

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) RAINTEX AERO今年出た「ゴアの新素材レインウェア」の中では文句なしにトップの一つ、軽量、しなやかで運動性が良い。

まあ、「なぜゴアか?」ということもしつこく書いている(ページの下の方です)のであれですがこれは「最終製品のテストをしている唯一のブランド」だからですね。

「すごい素材」というだけでなく「その素材の使い方が適正か?」についてもテストがあってあの「Gore-Tex」ロゴがもらえるワケです。

 

ヨーロッパは特に「雨と言っても大した事はない」お国柄なので、海外メーカーの製品を買うときには「ゴアテックス」を選ぶべきでしょう。

日本はその点「普通に大雨が降る」国ですから、個々のメーカーのテストもしっかりしていますからそちらを選んでも良いでしょう。
モンベルの「サンダーパス」やミズノの「ベルグテック」は十分な性能を持っています。

 

まあ後は好みですが、低山(稜線・富士山のような突風が吹くわけではない山)ではポンチョも快適です。

Columbia(コロンビア) ウォマックポンチョ宮園登山隊で最近人気のポンチョ、ザックもカバーできるが風には弱いので「レインパンツ」を併用し、腰紐などを持ち歩くのが無難

 

自転車にのる場合は秋でもかなり冷えるので「フリース」などは必須になります(ダウンよりも濡れに強いフリースが自転車向きです)。
手袋も防風のものを備え、シューズカバーなども持ちましょう、峠の下りで後悔することになりますよ!!

パールイズミ(PEARL iZUMi) レインシューズカバーレインシューズカバー、風を切りながら進む自転車では必須

 

 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •