20K自転車「米式バルブは「簡単、便利、強固」 自分の自転車を「エアチェックアダプター」で米式バルブに」

米式バルブは車や、オートバイなどにも使われる「簡単で便利な」エアバルブです。

商品名が「エアチェック」なのは米式バルブは「普通の英式」とは違って『空気圧測定』ができるからです。

 

【メリット「携帯ポンプで部品が要らない」】

メリットは「空気圧が測れること!!」・・・なんてことではなく、「英仏米バルブ兼用の空気入れを買ったときに、『一番空気を入れるのが簡単』なのが「米式バルブ」なのです。

たとえばこんなやつですが。
こういうのは下のように「アタッチメント式」になっています、そのベースになるのが「米式」なのです。

【英・仏はアタッチメント必要】米式は「ただの穴」なのでそもそも空気を入れる事自体も簡単だ。

【英・仏はアタッチメント必要】米式は「ただの穴」なのでそもそも空気を入れる事自体も簡単だ。(写真は上の「Panaracer」携帯フロアポンプ)

米式の空気入れは「奥まできっちり差し込む」 という注意事項があるくらいで英式のように「クリップしたり」、仏式のように「ねじ込んだり」という手間が要らず楽チンです。

 

まあ、家なら「変換機を置いておく」のは大した手間ではありませんが、日常的に乗り回す自転車につけておく「空気入れ」に「部品が要らない」というのは心理的にもかなり楽なのです。

かといって空気入れが無ければ10km程度の移動中にでもパンクが起こると最悪5km自転車を押して歩くことになります。

 

まあ、こういう「ボンベ式」の商品もありますね。

 

逆に米式バルブのデメリットは「英式専用空気入れ」が使えなくなることです。

まあ自転車屋さんの「自動空気入れ」は「裏側が米式」なので基本的にはいけますが。

 

【取り付けも簡単】

エアチェックアダプタの取り付けは「虫ゴムを変える程度」の簡単さです。

【取り付けマニュアル】「ねじをはずしてつけるだけ」という簡単さ。

【取り付けマニュアル】「ねじをはずしてつけるだけ」という簡単さ。

まあ家の自転車が基本的に「英式だけ」ならわざわざ付け替える必要はないでしょうが(この場合は「スーパーバルブ」をおススメします)。

エアチェックアダプタは「無理」ですが、スーパーバルブは100均でも入手できます!
 

スポーツサイクルを買って「結局仏式との混在」になったなら米式にするメリットは大きい・・・気がします。

まあ、僕は買ってみました(笑)

 
 

 

人生の楽しみをあなたのすぐそばのフィールドで!!


【基本から!!】このサイトで提供する情報の「基本」は各ページにまとめられています、基礎から読みたい方はページ上部のメニューから、「超初心者登山」「20K自転車」「野外生活」「15min盤競技」の4ジャンルのページにまとめてあります。
このサイトのGoogle広告ユニットはサイトスポンサーであると共に、Googleの考えるおススメの情報を自動掲載してくれるという意味で、コンテンツを補助する情報提供システムと考えています。僕は規約上これらを開く事が出来ませんので面白い商品や記事があれば教えてください!!

ブックマーク パーマリンク.

コメントは受け付けていません。

  •